屋根を修理するなら日が照っているうちに★岸田首相の演説が頭に入りにくい理由は

2022.1.11

こんにちは
おもてなし人材プロデューサーの
近藤みなこです。

小春日和、暖かい冬の日です。

年末に、気になることわざを耳にし、
その意味を調べよう、と
そのままになっていたことを
思い出しました。

 

そのことわざは、

昨年2021年12月6日の
岸田文雄内閣総理大臣による
所信表明演説の中に出てきました。

 

「屋根を修理するなら、
日が照っているうちに限る」

 

岸田首相いわく、
故ジョン・F・ケネディ大統領の言葉だそう。

 

英語では、
“the time to repair the roof is
when the sun is shining.”

 

お恥ずかしながら、
このことわざは知りませんでした。

 

岸田首相は、
めずらしいことわざを
時々引用されますね。

勉強になります!

 

さて、「屋根を修理するなら~」の
意味合いとしては、

・手遅れになる前に問題点に着手しよう。

・やるべきタイミングを見極めよう。

だそう。

 

岸田首相は、
「危機に対する財政支出は躊躇なく行います。
経済あっての財政です。」

とお話されています。

 

コロナ禍での経済政策は、
まさに「雨が降る前にやる」ことが
大切だ、とのお考えが示されました。

 

ただ、
このことわざが、この演説に
必要不可欠だったのか、、、

 

ことわざだけが頭に残り、
岸田首相の伝える力」が、
ことわざによって薄められている
そのような印象です。

 

揚げ足を取るようですが、
あらためて、

岸田首相の演説は、
内容がス~ッと頭の中に
入ってこないことが多いです。

 

例えば、
北京オリンピックの外交ボイコットを

実行するか否か、についての発言。

「適切な時期に
オリンピック・パラリンピックの趣旨や精神を
総合的に見て、国益に照らして自ら判断する」

 

「適切な時期」←それっていつ?

「総合的に見て」←総合的にって??

「国益に照らして」←国益の定義は???

 

何回読んでも、
何を言いたいのか、はっきりと理解できません。

 

岸田首相の演説は、
ことわざを学ぶ機会にはなりますが、

言いたいことがはっきりと伝わらない演説、

の見本のように感じます。

 

演説が下手でも、
決断力・実行力・継続力に長けていれば、
政権を応援します。
岸田政権を見守ります。

 

↓こちらもお読みください。
以心伝心に頼らず、言葉で伝えよう。

恥をかいた分だけ大人になるby栗山監督

 

2022.1.11

 

〜あなたのビジネスシーンを
ステップ、スキルアップ〜

近藤みなこ
おもてなし人材プロデューサー
近藤みなこスキルアップ・ラボ主宰

今できることを今、丁寧に行うこと★年の瀬に思うコロナパンデミックで得たこと

2021.12.30

こんにちは、
おもてなし人材プロデューサーの
近藤みなこです。

お正月はもうすぐです

2021年、最後のブログです。

今年は、私が生れてから
4回目の丑年。節目の年。

 

令和3年~4年の一年間は
丁寧に過ごそう、と決めています。

 

 

コロナパンデミックから2年。

この期間、多くの学びがありました。

 

人間の作り出した文化、文明が
太古の昔から存在する、ミクロの生き物に
脆くも屈する、という事実。

 

平和ぼけした日本の世の中で、
危機管理、という言葉を
思い出させてくれました。

 

情報は自らが取りにいくことの重要性、
テレビや新聞が必ずしも
正しいわけではないことを理解しました。

 

緊急事態宣言、という
未曾有の時間、空間を経験しました。

飲食店が軒並み閉まっている、
恐ろしい街の景色を見ました。

 

 

この2年で死ぬほど感じたことは、

 

「今できることを今、丁寧に行うこと」

 

今年は、
大谷翔平選手のMVP獲得や

松山英樹選手のマスターズ制覇、

オリンピック、パラリンピックでの
日本選手の大活躍など、

日本の若者の活躍の際立つ一年でした。

 

オリンピック、本当に開催できるのか、
と案じましたが、

結果としては、
何事もなく、成功裏に閉幕しました。

おそらく、
開催国が日本であったからこそ、
何事もなく、成功裏に閉幕できたのでは
ないでしょうか。

そこには多くの人々の尽力があったと
推察します。

 

 

まとめると、
困難を引き受け、受け入れると、
自然と希望が見えてくる、

ということでしょうか。

 

「今できることを今、丁寧に行う」
2022年も継続して、私のテーマにします。

 

令和4年、みなさまにとって
輝かしい良き一年になりますように。

 

↓こちらもお読みください。

やっぱりオリンピックを観たい ~世界史に残るオリンピックにしよう!~

大谷選手の日本人らしさ

2021.12.30

 

〜あなたのビジネスシーンを
ステップ、スキルアップ〜

近藤みなこ
おもてなし人材プロデューサー
近藤みなこスキルアップ・ラボ主宰

「あの人にしか分からない」はムダ★見える化の旗振り役は経営者であるべき。

2021.12.21

こんにちは、
おもてなし人材プロデューサーの
近藤みなこです。

飛行機雲に見えますが、室内のあかりです。

 

ある企業さんの事例です。

その会社のAさんは、
「B社の案件についてのエキスパート」

と、社内で認められています。

 

Aさんは、私にこのようにおっしゃいました。

 

「B社の案件について、
私以外の人に任せられないので、

もし問い合わせがあったときに備え、
昼食もゆっくりとれないんです。

トイレ休憩もありません。」

 

専門性が高いと、
「Aさんじゃないとわからない」

「Aさんに任せておけば安心」

「AさんはB社のエキスパート」

と、Aさん以外の社員さんが
B社に関して関心を寄せなく
なっている状況です。

 

会社にとって、
Aさん=専門性が高いエキスパートの存在は
必要不可欠な人材でしょうか?

 

 

 

今後、専門性の高いエキスパート社員は
少なくなっていくと予想します。

 

理由はいくつもあります。

・AIの発達
・働き方の多様化
・人的パワーの有効活用
・情報共有

 

Aさんは、
「トイレにも行けないほど忙しい」
この状態を嘆く前に、

B社の情報を他の社員と
共有することを始める必要があります。

 

マニュアル化して、だれにでもわかる、
つまり見える化することです。

 

しかし、
Aさんは目の前の仕事に謀殺されています。

おちおち、マニュアルを作成する
時間を創り出すことはできないでしょう。

 

時間を創りだし、
見える化の推進をするのは、

Aさんではなく、経営者の仕事です。

 

経営者が将来を見据えた行動を
することが、

Aさんや他の社員さんの
幸せな働き方を叶える、

唯一の方法だと思います。

↓こちらもお読みください。
ポリバレントな大谷選手から考える社員像 ★AIにはできない人間らしさを追求する社員になろう

目に見えないもの

 

2021.12.21

 

〜あなたのビジネスシーンを
ステップ、スキルアップ〜

近藤みなこ
おもてなし人材プロデューサー
近藤みなこスキルアップ・ラボ主宰

割れ窓理論で清掃&整とん★なぜ「割れ窓」になっていることに気づかない?

2021.12.14

こんにちは、
おもてなし人材プロデューサーの
近藤みなこです。

夜は銀杏の金色が際立ちます

割れ窓理論」という、環境犯罪学の
理論があります。

 

割れた窓を放置しておくと、
誰も注意を払っていないシンボルになり、
ほかの窓も壊されていく、

という理論です。

 

ニューヨーク市長だった
ルドロフ・ジュリアーニ氏が
犯罪を減らすために活用したことで
知られています。

 

あるマンションのごみステーション
「割れ窓理論」のエピソードを聞きました。

 

そのマンションのごみステーションは、
住人のマナー違反により、
ものすごく汚い状態だったそう。

 

新任の委託清掃作業員が、
毎日毎日、きれいに清掃し続けた結果
少しずつ、マナーアップしていき、

 

最終的には、
マナー違反のごみを出す住人が
いなくなって、
いつもきれいな状態を保つことが
できるようになった、という事例です。

 

 

いつもきれいな状態を保つことは、
5S(整理・整とん・清潔・清掃・しつけ)で
いうところの清掃&整とん

 

自宅や職場の棚や引き出しの中は、
慣れ親しんでくると、
清掃&整とんできていない状態が通常の状態、
として存在することが
あります。

 

割れ窓理論に当てはめると、

窓が割れていることに気づかない、
窓が割れていることが当たり前、
窓が割れていることが通常状態。

 

清掃&整とんができていない状態は、
黄色信号です!

 

年末の大掃除、
割れ窓理論を意識しながら、
清掃&整とんをして、

新しい年は、窓の割れていない状態を
キープしたいものです。

 

2021.12.14

 

〜あなたのビジネスシーンを
ステップ、スキルアップ〜

近藤みなこ
おもてなし人材プロデューサー
近藤みなこスキルアップ・ラボ主宰

ジャネーの法則を思う年末★駆け足で毎日を過ごそう。日々是好日とガンジーの言葉

2021.12.7

こんにちは、
おもてなし人材プロデューサーの
近藤みなこです。

雲がいきもののようです! 

12月になると決まって思い出すのが
ジャネーの法則

 

19世紀のフランスの哲学者、
ポール・ジャネー氏が発案した、
時間の流れについての捉え方です。

 

歳を取れば取るほど、
時間は早く過ぎる。

 

主観的に記憶される年月の長さは、
年少者には長く、
年長者には短く感じられる。

 

具体的には、

50歳の人の1年は、
人生の50分の1 ですが、

5歳の子供にとっては、
人生の5分の1。

 

生きてきた年数によって
1年の相対的な長さがどんどん短くなり、
歳月の経過が早く感じられます。

 

抗っても、
人生を積み重ねてきたことは
否定できない事実ですから、

開き直って、
毎日を駆け足で過ごしてしまおう!

このように意識変換しました。

 

日々の手帳をめくってみると、

その時々に書きつけた
目標や実績、反省や承認、

いろいろ書いていました。

 

このブログも同様。

「こんな視点で書いていたんだ」

と、自分自身が驚くような内容もあります。

 

半分以上、忘れているけれど、
私の2021年を生きた記録として
大切にしたいと思います。

 

日々是好日、好きな言葉です。

 

”明日死ぬかのように生きよ。
永遠に生きるかのように学べ。”

こちらは、マハトマ・ガンジーの言葉。

 

人生の折り返し点を過ぎました。
日々是好日、明日死ぬかのように生きよ。

この精神で一日を駆け足で過ごします。

 

↓こちらもお読みください。

ハインリッヒの法則、あれこれ

2021.12.7

 

〜あなたのビジネスシーンを
ステップ、スキルアップ〜

近藤みなこ
おもてなし人材プロデューサー
近藤みなこスキルアップ・ラボ主宰

月末恒例の大掃除★パソコン大掃除に着手!私の心と頭を作った情報たち

2021.10.5

こんにちは、
おもてなし人材プロデューサーの
近藤みなこです。

みんなでカンパイできる喜び!

毎月の月末に、
なにかしらの大掃除をすることを
決めてから3か月目。

大掃除を始めるきっかけについては、
コチラをお読みください。
大掃除の大効果★
何をやってもうまくいかない流れを変える方法

 

今月は、兼ねてからやりたかった
パソコン内のファイルの大掃除を
行いました。

 

掃除は嫌いではありません、
むしろ、
掃除後のスッキリ感を求めて
引き出しひとつから
積極的に行うほうです。

 

しかし、
パソコン内の
情報の整理整頓は、
長い長い間、放置しておりました。

 

自宅のデスクパソコンは、
もうすぐ10年選手。

 

フォルダー数も数え切れないほど。
もちろん、なんのフォルダーだったか
覚えていないほうが多い!

 

しかし、
ひとつひとつ開けて、
中身を確認すると、

忘れていたけれども、

 

確かに私が作成した資料

講演会やセミナーを受講したときの
レジュメや自分なりのメモ書きを
スキャン保存したもの

など、
今の自分を支えているモノ
たくさん発掘されました。

 

これらは、
今の私の心と頭を作り上げてくれたもの。

 

身体は食べ物から成り立っていますが、

心と頭は、
本や新聞や、テレビや
どなたかの講演、セミナー、

その他もろもろの情報で
成り立っていることに思い至りました。

 

さて、10年選手のパソコンさん、

情報のダイエットに成功し、
昨日よりもサクサクと
活動してくれています。

 

私の心と頭をサポートしてくれる
唯一無二のパソコンさん、

心から、
「これからもよろしくお願いします」

 

↓こちらもお読みください。

片付けは準備

整理整とんはお客様のため。

 

2021.10.5

〜あなたのビジネスシーンを
ステップ、スキルアップ〜

近藤みなこ
おもてなし人材プロデューサー
近藤みなこスキルアップ・ラボ主宰

ハングル文字の限界に学ぶ★先祖から受け継いだ漢字文化を伝承する責任

2021.9.28

こんにちは、
おもてなし人材プロデューサーの
近藤みなこです。

新しいハガキの図案です

パソコンとスマホに頼りっぱなしで
手書きで文字を書かなくなりました。

セミナーでホワイトボードに
文字を書く前に、

漢字が浮かんでこず、ヒヤリ
することがよくあります。

 

お隣の国、韓国では、
言語に関するある問題が
深刻化しているそうです。

それは、ハングル文字の限界、という問題。

 

ハングル文字は、

15世紀に普及した、
比較的新しい言語ですが、

日本語でいうところの
ひらがな、カタカナにあたります。

 

漢字のように、文字自体に
意味を持たないため、

比較的簡単に読み書きができる
ようになるのが特徴です。

 

しかし、イメージしてみましょう。

ひらがなだけ、もしくはカタカナだけで
書かれた文章を読むのは、

なかなかしんどいですよね。

例えば、
「こうせい」という言葉のように
「構成」「後世」「厚生」「公正」など

発音が同じでも、
異なる意味で用いる言葉は、

日本以外の言語にも無数に存在します。

 

ハングル文字では
「こうせい」としか表現できないので、
読み手は「構成?」「後世?」など、

前後の文脈からイメージを膨らませて
読み進める必要があります。

 

ところが、
もともとの漢字を知らない若い世代は、
「構成」や「後世」「厚生」などの
単語が頭に浮かばないそうなのです。

 

これは、問題ですね。

 

ベトナム文字にも同様のことが起き、
問題視されているようです。

韓国もベトナムも、
もともとは漢字を用いていた地域。

 

日本語も、
漢字を排除して、ひらがなとカタカナの
時代がきてしまったら、、、

先祖代々培ってきたものが
崩れ去ってしまいかねません。

 

私たち世代は、
先祖から受け継いだ漢字文化を
次の世代にきちんと渡す、
その責任を負っています。

 

↓こちらもお読みください。
文化の日によせて @日本語の品格

日本語崩壊?

 

2021.9.28

〜あなたのビジネスシーンを
ステップ、スキルアップ〜

近藤みなこ
おもてなし人材プロデューサー
近藤みなこスキルアップ・ラボ主宰

行動は自分にしか決められない★自分を信じて、行動に責任を持とう

2021.9.21

こんにちは、
おもてなし人材プロデューサーの
近藤みなこです。

台風明けのお月さまがきれいです

最近、コーチングのセミナーで
あらためて気づいたことがあります。

 

それは、
私は、いつも自分と会話していて、
行動を自分で決めているんだな、
ということです。

 

例えば、
「今日の晩ごはんは何を食べようかな」

ここでの自分との会話では、
晩ごはんのメニューを決めることです。

 

「昨日はお鍋をしたから、
今日はお鍋以外のものにしよう」

「冷蔵庫にある材料は、なにがあったけな?」

「しいたけとにんじんと、
豆腐もあったはず」

「豆腐を早めに食べないと。」

「ということは、今日の晩ごはんは
にんじん入りマーボー豆腐に決定!」

というふうに、
自分と会話をして行動を決めていきます。

 

 

仕事の進め方を決めるのも、自分。

相手がよろこんでくださることをしたい、
相手のためになることを行いたい、

心からそう思うのなら、

相手の立場に立って、

こうしたらよろこんでくださるのではないか?
私のこの振る舞いは、
相手のためになっているのか?

自問して、行動を磨いていくことが
求められます。

 

自分との会話でしか、
自分の行動は決められない。

 

逆にいうと、
自分の行動は自分の考えの反映。

 

自分との会話をたくさんして、
行動の裏付けとなる考えに
自信を持ちたいものです。

 

自分を信じて、行動量を増やしていきます。

 

↓こちらもお読みください。
4D言葉をご存じですか?

伝わる話し方のコツ

2021.9.21

〜あなたのビジネスシーンを
ステップ、スキルアップ〜

近藤みなこ
おもてなし人材プロデューサー
近藤みなこスキルアップ・ラボ主宰

話し合い耳を傾け承認し…★コーチングの要諦を歴史から学ぶ

2021.9.14

こんにちは、
おもてなし人材プロデューサーの
近藤みなこです。

 

空が秋めいてきました。

古代エジプトのピラミッドの壁に、
次のようないたずら書きがあるそうです。

 

最近の若いものはけしからん。
オレの若いときには、、、

 

紀元前5000年前から、

「最近の若いものは、、、」

このフレーズが存在していたとは、
人類の根本はそんなに変化していないのかも
しれません。

 

やってみせ、言って聞かせて
させてみせ、
誉めてやらねば人は動かじ。

太平洋戦争中の人物、
連合艦隊司令長官・元帥海軍大将 山本五十六氏
の有名な言葉ですね。

 

この言葉には続きがあります。

 

話し合い、耳を傾け、承認し、
任せてやらねば、人は育たず。

 

このフレーズはまさにコーチング。

コーチに必要な要素をぴしゃりと
含んでいます。

 

リーダーは、
話し合いにふさわしい雰囲気をつくり、
意見のひとつひとつに耳を傾け、
意見のひとつひとつを承認し、
メンバーに仕事や責任を任せる、

そうして初めて、
人が育つ、と言っています。

 

さらに、

やっている姿を感謝で見守って、
信頼せねば、人は実らず。

と続きます。

 

リーダーがまず先に、
メンバーに感謝すること、信頼すること、

これらをリーダーが行わなければ、
人財は育たない、と言っています。

 

山本元帥について、
当時の部下が残した印象が
いくつか残っています。

 

たとえば、

「山本元帥は、
敬礼の姿が常に美しかった。」

「山本元帥は、自分のことを知らない
はずなのに、
『任官おめでとう』と声をかけられた。」

「山本元帥は、身だしなみに気を配っており、
靴は磨かれたものを5足用意し、
1日に何度も履き替えた。
(汚れている靴を履いているのを
周囲に見られたくなかったため)」

などなど、
現在のリーダー論に通用するエピソードが
たくさんあります。

 

山本元帥をはじめ、
歴史上の人物が残してくれた
数々の言葉や行動を学ぶことは、

人間として生きる上でのヒントになり
リーダーとしてのあるべき姿を
示してくれ、

豊かな人生に導いてくれると感じます。

 

いつもお読みくださり、
ありがとうございます。

 

2021.9.14

〜あなたのビジネスシーンを
ステップ、スキルアップ〜

近藤みなこ
おもてなし人材プロデューサー
近藤みなこスキルアップ・ラボ主宰

河村市長のばかげた振舞いと謝罪に見る★大人の品格不足の人間に政治を任せるリスク

2021.8.31

こんにちは、
おもてなし人材プロデューサーの
近藤みなこです。

真夏にぴったりのロゼワイン
今日は真夏日です。

名古屋市の河村市長が、
表敬訪問に訪れた東京オリンピック
女性金メダリストのメダルを
ウケねらいで

ガブリ

とやったのが、8月4日。

以来、世間から非難の嵐を浴びています。

 

 

その後、8月23日には、

1万件以上のクレーム対応に尽力した
名古屋市職員向け手書きで謝罪文を書き、
幹部会議で配布、
その他の現場職員にも共有したそう。

(以上、産経新聞より)

 

「職員さんに迷惑をかけたことを反省し、
慰労する文章なのだろうな、
河村市長も反省しているのだな」

と感じさせます。

 

ところが、、、

この謝罪文、

謝罪や慰労とは
全く逆の効果を生んでしまいました。

 

実際の謝罪文はこちら。

ひどい。本当にひどい。

 

文章のうすっぺらさは言わずもがな、
字体の投げやり感、いいかげんさ、
走り書き感が半端ないのです。

 

どうしてこんなひどいペーパーを
配布したのでしょう。

 

しばし、考えましたが、答えは出ません。

 

仮説としては、

河村市長は、下書きのつもりで
スタッフに渡した、このあと
スタッフがパソコンで打ち出して
くれると思っていたが、
スタッフとのコミュニケーションが取れず
手書きの状態で配布に至ってしまった。

というのが、順当かと考えますが、

 

実際は、
幹部会議で市長自らが幹部に配布している
という記事を見ると、
真相は異なるのでしょう。

 

河村市長やが
この手書き文章で、
本当に職員さんへの謝罪が伝わる、
と考えているなら、

私は、人間として河村市長を
信用できません。

 

政治そのものの失態ではないものの、

政治家として、市長として以前に

成人の人間として、不合格な人間に
政治を任せると、

このような
初歩的なリスクを負うことになる、

という見本になりました。

 

文化の日によせて @日本語の品格

挨拶で企業が分かる

 

いつもお読みくださり、
ありがとうございます。

※毎週火曜日に更新します。

 

2021.8.31

 

あなたのビジネスシーンを
1ステップ、スキルアップ