人材難と無縁の会社の特徴は?

2020.1.14

こんにちは、
おもてなし人材プロデューサーの
近藤みなこです。

春のような穏やかな一日でした

 

ある企業を想定してみます。

この企業は、
採用活動に特に苦労している
と想定します。

 

この企業は、
求人誌に年中募集をかけていて
興味を持った応募者が
企業に面接依頼の電話をする
方法で、リクルートしています。

 

この企業では、
現在いる社員が、
定年までずーっと務めてくれる
保障は・・・・ありません。

 

よく耳にする、
職種を問わず、
中小企業共通の現状
だと、捉えてください。

 

もう少し、深堀りします。

 

今いる社員が辞めて行ったら、
その人の代わりの人を
また採用する必要があります。

 

求人雑誌への広告

人材採用
(社長面談で1発で採用が決まった)

残念ながら離職

またまた求人雑誌への広告

人材採用
(社長が気に入って採用が決まった)

またもや離職 ・・・。

 

これを永遠にやっていては
生産性に悪影響を与え、
他の社員のやる気を削ぐことは
明らかです。

 

それでは、
経営者はどのような対策を
取るべきでしょうか。

 

私が、ここで声を大きくして、
言うまでもなく、

過去、いろいろな
経営コンサルタントや
経営者が書籍で
たくさんのことを
お話しています。

 

社員が辞めない組織の
共通点は、

10年先のビジョンがあること。

 

ビジョン=ゴール

つまり、

社員が辞めない組織には、

10年先のゴールが掲げられている
ということ。

 

10年先のビジョンを通して、
社員自身が、自分の10年後を
考えられる企業では、

 

社員は、
会社における自分の存在価値
認識できます。

 

経営者の立場で捉えると、

 

社員は単なる労働力ではなく、
これからの10年を
一緒に生きていく存在として
位置づけることになります。

 

10年先のビジョンをつくることは、

人材難で困る状況を
回避する有効な手段といえそうです。

 

いつもお読みくださり、
ありがとうございます。
※毎週火曜日に更新しています。

2020.1.14

 

あなたのビジネスシーンを
1ステップ、スキルアップ

おもてなし人材プロデューサー

私のルーツ

2020.1.6

こんにちは、
おもてなし人材プロデューサーの
近藤みなこです。

3年前の1/6
・・・包丁が切れず笑

2020年がスタートして、はや6日。

このままでは、
時間に流されてしまう!!

今年こそは、
時間に管理されず、
時間を管理する生き方をしていきます。

 

さて、
年末のことですが、
小学校の同窓会に参加しました。

30年数年ぶりの再会、
結論から言うと、

思い切って参加してよかったです。

 

私は、高校生入学から
福岡市に転居したため、

中学校時代までを過ごした
北九州市に、
帰省することはありません。

 

何十年も幼少時代を過ごした
北九州市に赴くこともなく、、、
現在に至っています。

 

両親が福岡市にいるため、
北九州市に愛着を持つことも
ありませんでした。

ところが!
今回、改めて北九州の街を
訪れたことろ、

懐かしさがムクムクと
こみ上げてきました。

 

お祭りの行われる、駅前広場とか、
お友達と通った中本町商店街とか、、
中央図書館とか、
とにかく懐かしく
過去を振り返ることができました。

 

同級生のほとんどは、
結婚し、子供さんがいて
(お孫さんがいらっしゃる方も!)

家庭を築いていらっしゃり、
地域で働いていらっしゃる。
地域のために、
働いていらっしゃる。

 

一枝小学校、
昭和61年(1986年)卒業生の皆さん、
次は50歳になったときに、
皆さんに会えるのを
楽しみにしています。

 

いつもお読みくださり、
ありがとうございます。
※毎週火曜日に更新しています。

2020.1.6

 

あなたのビジネスシーンを
1ステップ、スキルアップ

おもてなし人材プロデューサー

中村哲先生

2019.12.31

こんにちは、
おもてなし人材プロデューサーの
近藤みなこです。

今日で2019年も最後。
あっという間の一年、365日でした。

明日からの2020年は、
さらに情熱的に
真剣に毎日を過ごす一年に
していきます。

私の好きなアクロス福岡の写真。

 

 

さて、今年最後のテーマは、
先日、アフガニスタンで
命を絶たれた福岡の誇るべき人物、
中村哲先生のことを…。

 

連日、新聞でもテレビでも
インターネットでも、
中村哲先生を悼む報道を
目にします。

 

以前、
中村先生の講演を拝聴した時の
記録です。
中村哲先生の講演

 

アフガニスタンの人々の
気持ちを察すると、
日本人以上に負の感情を持っていて、、、
やるせない気持ちでいらっしゃるように
思います。

 

セミナーの際、
福岡県朝倉市にある山田堰手本に
造り上げた、

アフガニスタンのカマ堰の写真が
映し出されました。

 

この堰のおかげで、
砂漠が緑に変わり、
人々の生活が豊かになった、

2016年の講話の際、
中村先生は、写真を示しながら、
私たちに示してくださいました。

 

 

写真を拝見すると、
砂漠に緑地が発生していく様子、、、

大地が茶色から緑に変化する様子が、、、

 

これこそが、
人類の豊かになる過程なのだな、
と感じました。

 

21世紀の世の中、
AIだ、ARだ、
バーチャルリアリティだ、ウーバーだ、

などなど、
確実にIT化が進行している人類ですが、

 

中村哲先生が残してくださった、
人類繁栄の最も根本にあることは、

 

空気、水、太陽、植物…。

 

 

地球に生きる者として、
基本的に満たされている物質について

再考させていただきました。

 

中村哲先生、
どうぞ安らかにお眠りください。
ありがとうございました。

 

いつもお読みくださり、
ありがとうございます。
※毎週火曜日に更新しています。

2019.12.31

 

あなたのビジネスシーンを
1ステップ、スキルアップ

おもてなし人材プロデューサー

ジョブ・シャドウイング

2019.12.24

こんにちは、
おもてなし人材プロデューサーの
近藤みなこです。

朝の糸島富士

 

ジョブ・シャドウイング
という言葉をご存知でしょうか?

今後、特に
中小企業の採用担当者にとって、
必要な情報となりそうです。

 

ジョブ・シャドウイングとは・・・

主に高校生が、
半日〜1日かけて、「働く人(ジョブ)」に、
「影(シャドウ)」のように生徒が密着し、
仕事内容や職場の様子を観察する
職業体験の手法です。

 

経営者が社内を紹介することで、
経営者の思いや、
会社や社員の働き方を観察することにより、
リアリティをもって、
会社を体感してもらうことができます。

 

ジョブ・シャドウイングを体験した
高校生が提出した報告書によると

 

経営理念や社員とのかかわり、
地域貢献など、が記されており、

 

「下手なパンフより、
会社の中身がよくわかる内容」

と報告されています。
(以上、中小企業家新聞より)

 

さて、日本の企業の99.7%が
中小企業であることは、
これまでも紹介してきましたが、

 

ジョブ・シャドウイングに
参加した高校生が寄せた
感想が、、、素晴らしい。

 

 

「自分の身近にも中小企業があり、
私たちの生活を支えている」

 

「いろいろな職業に目を向け、
選択肢を増やして、
自分のやりたい仕事につきたい」

 

「周りの人や地域の人を幸せにしたい
といった理念を持って、
取り組んでいる
姿に圧倒された」

 

まさに、
中小企業で働く意義、

中小企業の役割が示されている、
感じます。

 

いつもお読みくださり、
ありがとうございます。
※毎週火曜日に更新しています。

2019.12.24

 

あなたのビジネスシーンを
1ステップ、スキルアップ

おもてなし人材プロデューサー

とりとめのない会話を聴く苦痛

2019.12.17

こんにちは、
おもてなし人材プロデューサーの
近藤みなこです。

雲に覆われた満月

 

とりとめのない会話、といえば、

女性の専売特許、のはずですが、

女性である私、最近どうも苦手です。

 

会社の同僚や
家族内で交わす、

どうでもいい会話、
落ちのない会話、
目的のない会話、
延々と続く会話、

私の知らない人の
愚痴だったり、噂話だったり。

 

相手の話にウンウンと耳を傾け、

「へー、そうなんだ」
「わかるわかるぅ」

などと相槌をうつことが

最近、下手になってきました。

 

その理由はなぜか。
私なりに分析してみました。

 

私は今、フリーランスとして
独立して仕事をしています。

大門未知子先生ではありませんが、

「どこの組織にも所属しない、
一匹オオカミ」

のような立ち位置です。

 

私が会話をする相手は、他者。

 

会社内の同僚でも身内でもなく、
競争相手となる可能性もある
ビジネスパーソン

 

私は、自分自身を
魅力的で有能に見せるために
会話を利用しているのです。

 

もし、ビジネスシーンで、

とりとめのない話、
落ちのない話、
結論のない話、をしていては、

自分を魅力的で有能に見せる
ことはできないでしょう。

 

 

しかし、混同してはならないのが、
家族との会話です。

とりとめなく、落ちもなく、
延々と続き、
何度も聞いたことのある話であっても
根気よく耳を傾けること。

そうすることで、
家族の絆が深まる、

いろいろな方が、「そのとおり!」
言っています。

・・・今の私に耳の痛い話です。

 

いつもお読みくださり、
ありがとうございます。
※毎週火曜日に更新しています。

2019.12.17

あなたのビジネスシーンを
1ステップ、スキルアップ

おもてなし人材プロデューサー

中小企業診断士・・・落ちた

2019.12.10

こんにちは、
おもてなし人材プロデューサーの
近藤みなこです。

懐かしい黒崎の町

 

 

昨年3月から勉強を始めた、
国家資格「中小企業診断士」。

10月20日に2次試験を受験しましたが、

このたび、
不合格、となりました。

無念。

500時間くらいを費やして
勉強したのですが、、、

この国家資格を得るには、

平均1,000時間の勉強が必要、

だそう。

しかし、2次試験の受験資格は
もう1回チャンスがあるので、

来年に向け、勉強します。

 

中小企業診断士になったら、
どんな仕事ができるの???

 

実は、
中小企業診断士、という資格は、
なかなか曖昧な資格のようで、、、

 

スバリこれっ  といったポイントのない
資格です。

もちろん、
日本国が認めた、
唯一の「企業コンサルディング」
であるのは間違いありません。

ただ、
中小企業診断士ごとに、
得意分野が異なります。

私は、資格を得ることができれば、

・女性管理職の育成、維持、成長
・中小企業における人事部役割の定着

こんなことにお役立ちしたい、と
考えています。

 

いずれにしよ、
私の役割は、中小企業の皆様の
やる気、チームワーク、
向上心、生きがい、に着目し、

 

この国の99.7%を占める中小企業の
人材育成に携わることです。

来年の試験に向け、
さらに精進しますので、
今後とも、
どうぞよろしくお願い
いたします。

 

いつもお読みくださり、
ありがとうございます。
※毎週火曜日に更新しています。

2019.12.10

あなたのビジネスシーンを
1ステップ、スキルアップ

おもてなし人材プロデューサー

「パワハラ」が労災理由に。

2019.12.3

こんにちは、
おもてなし人材プロデューサーの
近藤みなこです。

パワーチャージスポット

パワハラの定義は、
「社会的地位の強い者による、
自らの権力や立場を利用した
嫌がらせ、いじめ」。

 

パワハラの項目のひとつに
「公開叱責」があります。

 

「公開叱責」とは、

皆の前で公然とどなりつけること
です。

 

どなりつけられている社員
(=パワハラ被害者)は、もとより、

パワハラ被害者以外の、
同じ部屋で働いている
見て見ぬふり、聴こえていないふり、

をしている社員さんにとっても

苦痛な時間です。

 

 

パワハラ加害者には
自分がパワハラをしている、という
自覚がないケースが多く、

自分が「公開叱責」していることに
気づいていません。

「相手のやる気をアップするために
必要な指導だ」

「部下教育のためにあえてやっている」

 

このような認識で
無意識にパワハラ行為に及んでいる
のです。

 

さて、
厚生労働省は、
2020年6月を目処に、
「パワハラ」を新たに、

精神疾患の労災認定の理由

となる項目に加える方向で
検討を進めています。
(2019年12月現在)

この法律が施行されると、
パワハラを「防止」することが、
企業に義務付けられます。

 

つまり、
来年の今頃には、
企業から
「公開叱責」がなくなっている、
はずです。

 

どうすれば
「公開叱責」によるパワハラが
消滅するのでしょう。

 

今後発表される、
厚生労働省の施策に注目です。

 

いつもお読みくださり、
ありがとうございます。
※毎週火曜日に更新しています。

2019.12.3

あなたのビジネスシーンを
1ステップ、スキルアップ

おもてなし人材プロデューサー

自分が正解、からの脱却。

2019.11.26

こんにちは、
おもてなし人材プロデューサーの
近藤みなこです。

11月24日は、
大相撲九州場所千秋楽でした。

今年も、伊勢ノ海部屋の
千秋楽祝賀会のMCを
させていただきました。

花井兄弟と!
こちらは昨年の写真。

 

花井兄弟(京の里さんと鳴滝さん)、
来年も頑張ってね!

 

さて今回は、
「自分が正解」からの脱却、
について。

 

経営者とのセッションを通し、
「正解は何か」を
共に探る時間を過ごしますが、

 

経営者の強み、得意分野、クセ、が
足かせになって、
「自分が正解」から抜け出すことの
難しさを感じます。

 

 

以前、
タレントの岩井志麻子さんが
こんなことをおっしゃっていて、
深く共鳴しました。
岩井志麻子さんのコメントから学ぶ

 

若い頃は、
正義の反対語は反正義だと
思っていたが、
今は正義の反対語は違う正義だ、
と考えるようになった”

 

 

そうそう、
年を重ねると勘違いしがちなのが、

自分が正しい、
自分が基準、
自分のモノサシで考える、などなど。

 

 

これらは、
実は自分だけのモノの見方であって、

 

世の中のモノの見方とは
ずれがあることが多い、

志麻子さんの発言は、
そのようなことを
教えてくださっています。

 

 

自分が正解、からの脱却、は

 

歳を重ね、部下を持つ人にこそ
必要な考え方です。

 

 

ここを脱却できなければ、
組織を次のステージに導くことは
難しい、といえます。

 

いつもお読みくださり、
ありがとうございます。
※毎週火曜日に更新しています。

2019.11.26

あなたのビジネスシーンを
1ステップ、スキルアップ

おもてなし人材プロデューサー

消費者意識の向上が招く「カスハラ」の横行

2019.11.19

こんにちは、
おもてなし人材プロデューサーの
近藤みなこです。

富士山!

カスハラとは、
カスタマーハラスメント、
=顧客の迷惑行為、の意味。

産経新聞(オピニオンページ)に

「モンスター」生む不寛容社会

という記事がありました。
(2019年11月16日首都圏版)

 

記事では、

昨今、
三波春夫さんの名言
「お客さまは神様です」の
意味をはき違えた

悪質クレームやカスハラが
深刻化しており、
刑事事件に発展することもあり、
対策が必要、と伝えています。

・・・「お客さまは神様です」
という言葉は、

実は異なる意味合いだった、という話は、
以前にも耳にしたことがあります。
「お客様は神様」2つの解釈

 

産経新聞の記事の中で
カスハラの例として、

・レジ打ちを間違えたら、
「デブは仕事ができない」と
言われた。

・学生客に静かにするように伝えたら、
携帯で写真を撮られ、
「SNSにアップする」と言われた。

などが挙げられています。

一体いつ頃から、このようなことが
起こり始めたのでしょう?

カスハラの背景には、
消費者基本法の制定(平成16年)や
消費者庁の発足(平成21年)などに
象徴される、
消費者の権利意識の向上がある、と
記事は伝えています。

 

消費者の権利をはき違えた結果、
カスハラをする消費者が増えた、と
いうことです。

 

サービスの提供時、
提供する側、される側に上下は
ありません。

「人」対「人」で並列関係。
「おもいやり」と「おもてなし」、
「心配り」「心の余裕」を持ち合わせた
人間でいたい、と切に感じました。

 

いつもお読みくださり、
ありがとうございます。
※毎週火曜日に更新しています。

2019.11.19

あなたのビジネスシーンを
1ステップ、スキルアップ

おもてなし人材プロデューサー

名刺を忘れて5倍の労力を使い・・・その結果!

2019.11.12

こんにちは、
おもてなし人材プロデューサーの
近藤みなこです。

話題のi福岡・糸島の海

 

先日、
名刺入れを忘れてしまいました。

 

「申し訳ありません、
名刺を持ってくるのを忘れました。
必ず郵送します。」

というセリフを繰り返し、、、

翌日、名刺とメッセージを添えて
郵送で10名の方に送ったのでした。

 

そのときの心境は、
「いつかこういうことをするかもしれない、
と思っていたけど、
やっぱりやってしまった」

自分に自信を持てなくなる、
自信をなくし、自分に失望しました。

「後始末をちゃんとしなきゃ」
「帰宅したら、すぐに郵送しよう」

心の折り合いをつけて、
名刺を頂戴した10名の方に、
メッセージを添えて名刺を送ったところ、

10名の方から、返信があったのです!

 

10名の方が、お葉書やSNS、
あるいは電話で、

「名刺を送ってくれてありがとう」

と言ってくださったのです。

 

いろいろな会に赴きますが、

「今日、名刺を忘れました」

という方が、まれにいらっしゃいます。
そのことを責めているのではありません。

名刺を忘れてしまったことは、
取り返しに労力を使う、
第一印象の損失ですが、

その後のフォローの仕方で、
リカバリー=取り返しは効く、
ということを学びました。

名刺を郵送する人に
今まで出会ったことがないので、、、

もしかしたら、
名刺を輸送することは、
ビジネス上で
インパクトを与えることきる要素
なのかもしれません。

 

いつもお読みくださり、
ありがとうございます。
※毎週火曜日に更新しています。

2019.11.12

あなたのビジネスシーンを
1ステップ、スキルアップ

おもてなし人材プロデューサー