メールでのお詫び

2020.11.10

こんにちは、
おもてなし人材プロデューサーの
近藤みなこです。

朝の風景

先日、ある方から
お詫びの文章を記したメール
受け取りました。

ビジネス文書にふさわしく、
私の気分を害したことに対する
お詫びの言葉とともに、
再発防止のための取り組みなどが、
丁寧に記されていました。

 

私は、
お詫び内容について、
さほど気にしていなかったので

お気になさいませんように、
また、ご配慮くださったことに
感謝申し上げる旨を返信しました。

 

しかし、
心のどこかで

「なぜ、この内容を
メールで伝えるんだろう」

と感じてしまいました。

 

この事例から、メールという方法で
お詫びをすることは、最適な方法ではない、
改めて感じました。

 

では、
お詫びの気持ちを伝えるのに
最適な方法とは何でしょうか?

 

最も効果的なのは、
相手に会いに行き、
顔を見ながら
お詫びの気持ちを伝える方法。

 

この方法は、
物理的に難しいことが
多いでしょう。

先方に赴くことが難しい場合、
次にベストなのは、
電話だと思います。

 

では、
「お詫び」の状況において、
電話とメール、
2つのコミュニケーション方法の
優れている点、劣っている点
比較してみましょう。

 

電話でのコミュニケーションの
優れている点は、
相手の反応がすぐに得られること。
自分の気持ちを声に込めて、
精神誠意伝えられること。

劣っている点は、記録性がないこと。
「お詫びした」「お詫びしていない」が
相手の記憶のみに頼ってしまうこと。

 

一方、メールはどうでしょうか。
メールでのコミュニケーションの
優れている点は、
相手の時間を遮らないこと、
相手の都合のよい時間に
確認できること。

 

メールの劣っている点は、
一方的な発信にとどまること。
相手の反応が瞬時に得られないこと。

加えて、
メールでお詫びを伝えると、

記録に残ってしまい、

後々何度も目にしては、
そのときのことを思い出してしまう、
という欠点もあります。

 

メールや電話やSNS、
いろいろなツールがありますが、
適切な方法で、
コミュニケーション・スキルを
磨いていきたいものです。

 

いつもお読みくださり、
ありがとうございます。
※毎週火曜日に更新します。

 

2020.11.10

 

あなたのビジネスシーンを
1ステップ、スキルアップ

いざこざの原因はどこにある?

2020.11.3

こんにちは、
おもてなし人材プロデューサーの
近藤みなこです。

 

きれいな空でした  @福岡県行橋市

 

以前に書いたこちらの記事↓の続編です。
いざこざのない組織は好ましい組織なのか?

 

「組織」の定義は、
人間が2人以上集まった集団、のこと。

自分と他人の集まり、のこと。

 

例えば「家族」は、
最小単位の組織、といえます。

 

 

組織において、
いざこざの原因は、
きわめて単純なこと、が大半で、

きわめて単純なことの
積み重なりが
やがて不満になり、

不満を抱えた人間同士が
いざこざを引き起こしてしまう・・・

 

原因を追究すると、
小さな小さな「イラッ」であった、

ということは、
家族などの組織を始めとして、
日常茶飯事です。

 

言い換えると、
いざこざがあるから、
組織として成り立っている、
と言えます。

 

「イラッ」とする感情が
沸き起こってくるからこそ、
家族は、家族であるのだと思います。

 

家族間での「イラッ」の原因は、
例えば「話を聴くときの態度」とか
「靴をそろえない」、「返事の仕方」、
「起こしてもなかなか起きない」
などなど。

 

ここで確認しておきたいのは、
いざこざの原因になる「イラッ」は、

 

家族の誰かの人柄、人間性
にかかわることではなく、

 

その人の行動考え方
物事の取り組み方、
物事への取り組み姿勢、

そんなことに
「イラッ」とするのです。

 

会社でも、同様です。

いざこざの原因は、
相手の仕事の進め方
仕事への取組み姿勢
身だしなみあいさつの仕方

そんな日常の中に
原因はあります。

 

決して、
相手の人柄や人間性に
「イラッ」としているわけでは
ありません。

相手の人格を非難する行為は、
ハラスメントです。

 

地球上で、
人間として生活する以上、
組織でうまくやっていく能力は
ある程度は必要です。

 

いざこざから目を背けず、
いざこざと向き合うことで、
組織を進化させていきましょう。

 

いつもお読みくださり、
ありがとうございます。
※毎週火曜日に更新します。

 

2020.11.3

 

あなたのビジネスシーンを
1ステップ、スキルアップ

「ものをつくる」人間らしさの発揮

2020.10.6

こんにちは、
おもてなし人材プロデューサーの
近藤みなこです。

朝の空

昨今、
「断捨離」「片付け」
日本発の無形資産として
もてはやされていますが、

 

「断捨離」や「片付け」の
真逆に位置する
「ものをつくる」

について考えてみます。

 

ものをつくるとは、
どういった意味でしょうか?」

 

ものをつくる は、
別の言葉に置き換えると

「製造する」です。

 

製造とは、

道具を使って
材料を加工することで、
もともとは存在しなかった
別の物体に変化させること。

 

料理に例えると、

材料である野菜やお肉を
洗って、カットし、
いくつかの調味料を準備し、

鍋やフライパン、菜箸などを使い、
焼いたり、煮たりして、

出来上がったものを
お皿やお椀に入れる。

これで料理の出来上がり、
つまり製造の完了。

 

ゼロから1に変えること、
これこそが、製造の根本!

 

 

別の角度からとらえると、
ものをつくるとは、

付加価値を高める行為、
とも言えます。

 

付加価値の低いものを
付加価値の高いものに変えること。

 

これこそ、
人間らしさが発揮される機会
です。

 

製造とは、
人間だけに許された、
人間らしさの発揮の機会

 

人間らしく生きるときに
不可欠な要素。

 

年齢や性別や国籍・・・、
いろいろな制約に無関係に

人間として
ものをつくることは、

生物としての人間に
与えられた特権です。

 

さあ、今日も
なにかをつくりましょう!

 

いつもお読みくださり、
ありがとうございます。
※毎週火曜日に更新します。

 

2020.10.6

 

あなたのビジネスシーンを
1ステップ、スキルアップ

いざこざのない組織は好ましい組織なのか?

2020.9.29

こんにちは、
おもてなし人材プロデューサーの
近藤みなこです。

初秋@福岡の日の出

 

いわゆる
カリスマ社長、と呼ばれる
社長が率いる組織、に
発生しがちな現象・・・

 

結論から申し上げます。

 

いざこざのない、
平穏で調和的な組織は好ましいのか?

この問いについての回答は、

NO が正解です。

 

 

カリスマ社長が率いる組織に
起こりやすい特徴を確認してみましょう。

※決して、カリスマ社長全員に
起こる事象ではありません。
ここのところを踏まえて、
以下をお読みください。

 

カリスマ性が過度になると…
以下のような事象が
発生しやすくなります。

 

「イエスマン」が発生する。

 

■社長の意見に対し
異なる意見を有していても、
口に出さないため、
当たり障りのない意思決定に
流されてしまう。

 

■変化を嫌い、
変化に対し消極的な組織になる。

 

■変化に消極的な組織は、成長が停滞する。
つまり、成長より現状維持に重点を置いた
組織体制を形成する。

 

■さらに悪い状況の場合、
当たり障りのない意思決定に
流されてしまった結果、不満がたまる。

 

■不満を抱えているメンバーを有する組織は、
生産性が低く
組織として「弱い組織」となる。

 

 

 

平穏で調和的な、
人と人とのいざこざのない組織の弊害
列記してみました。

 

人と人とのいざこざのない組織は、
はたしてこの世に存在するのか⁉

 

・・・この問題については、
また改めてご紹介いたします。

 

久しぶりの更新でしたが、
お読みくださり、
ありがとうございます。
※(なるべく)毎週火曜日に更新します。

 

2020.9.29

 

あなたのビジネスシーンを
1ステップ、スキルアップ

自分との約束を守れたら

2020.8.11

こんにちは、
おもてなし人材プロデューサーの
近藤みなこです。

久々の台風到来で、雲の動いが速い!

 

ステイホームの自粛期間以来、
自宅で過ごす時間が増えました。

 

小学生のみなさんは、
せっかくの夏本番なのに、
自粛、自粛に加え、
夏休みが
登校日になって、

 

自分の小学生のころと
比較すると、

 

「かわいそうだな」

 

と、思ったりもしますが、

 

こういう経験も、
きっと、後々振り返ると、

 

貴重な体験だった、と

 

総括することになるんだと
思います。

 

 

さて、

「自分との約束」について。

 

私は、自分に甘いほうで、

 

「明日は絶対に早起きして、
あれして、これして、頑張るぞー!」

 

と、決意をもって就寝しても、

 

翌朝、起きれず、

 

「ま、こんなこともあるね。
明日、またがんばろう。」

 

という感じで、

ズルズルと、早起きできない、、、

なんてことは、日常茶飯事です。

 

 

ところが、です。

 

こんな私でも、

たまーーに、

きちんと、早起きできて、

あれして、これして、、、
これもして!

が、できることが、あるのです。

 

この体験が、ヤバい。

 

この体験を、
脳は覚えているのでしょう。

 

自分との約束」を守れたとき、

 

その日は、なにもかもが
うまくいくような、、、

そんな錯覚を覚えます。

 

おそらく、朝、
その瞬間が勝負なのでしょう。

 

「自分との約束」が守れた自分を

誉めてあげる、認めてあげる、

そんなことが、
一日の品質を高めてくれる、
簡単な方法なのだと確信します。

 

・・・でも、
「自分との約束」を守れない自分を
許してあげることも
大事なことかもしれません。

 

いつもお読みくださり、
ありがとうございます。
※毎週火曜日に更新しています。

 

2020.8.11

 

あなたのビジネスシーンを
1ステップ、スキルアップ

EQテストで今の自分の弱点を知る

2020.8.4

こんにちは、
おもてなし人材プロデューサーの
近藤みなこです。

無農薬野菜をたくさんいただきました♪

 

EQテストをご存じですか?

 

EQとは、心の知能指数、感情指数
などと呼ばれるもので、

 

いくつかの簡単な質問に答えることで

その時々の心の状態を
評価することができる指数です。

 

インターネットで無料診断
することもできます。
ご興味のある方は、
ぜひ「EQテスト」で検索してみて
ください。

EQテストに限らず、ですが、

心の状態を自己診断すると、

自分の感情をコントロールできる
ようになります。

客観的に、自分の心の状態を
理解することができるから、
でしょうか。

 

ちなみに、EQテストでは、
自己分析には、6つの柱からなる

質問が用いられます。

 

① 自己認知力
② 共感力
③ 衝動のコントロール力
④ 楽観性
⑤ 社会的器用さ
⑥ 粘り強さ

 

これらの項目を、

5段階で自己評価するのですが、
今現在、私自身に足りない要素が

⑥ 粘り強さ

 

「粘り強さ」を図る質問は、
以下の5つ。

 

1)自分の決めたことは、
最後までやり遂げるほうだ。

 

2)正しいと思うことは、
必ず実行する。

 

3)必要であれば、
仕事や勉強を長時間続ける
ことができる。

 

4)ひとりでコツコツと
仕事をするほうだ。

 

5)趣味や仕事い夢中になって、
時が経つのを忘れてしまうことが
よくある。

 

最近の私は、1)の信念が足りず、
5)の状態に自分を持ち込むことが
苦手になっている、と分析します。

気持ちが入っていないと、
何事も続かない、、、

気持ちが行動よりも先にあるのだ、

と改めて感じます。

 

 

いつもお読みくださり、
ありがとうございます。
※毎週火曜日に更新しています。

 

2020.8.4

 

あなたのビジネスシーンを
1ステップ、スキルアップ

清潔感&清潔であること

2020.7.28

こんにちは、
おもてなし人材プロデューサーの
近藤みなこです。

満開のアガパンサス

 

先日、
「身だしなみ」「おしゃれ」の違い
について、
お話する機会がありました。

 

お話する相手は、

社会経験の浅い
ピカピカの若さ&輝きを放つ
20代の女性たち。

 

社会に出て間もないころ、
私も、服装や髪形や化粧に
悩んだ経験があります。

 

学生時代には「おしゃれ」として
楽しんでいた装いが
社会人としては「遊びの装い」
捉えられることを知り、
驚いた覚えがあります。

 

いくつも失敗をして、
母親や、職場の先輩から
指摘を受けながら、

社会人としての「身だしなみ」
理解してきたように思います。

 

加えて、
「身だしなみ」に不可欠な要素は

・清潔感

・清潔であること

この2点であることを
完全に理解できたのは、
お恥ずかしながら、
最近のことかもしれません。

 

清潔感&清潔であること、
いずれかが満たされていないと

「身だしなみ」が整っている、
とはみなされないこと。

 

「今日くらいは、まあいいっか」

「知りあいに会わなければ問題ない」

 

…今も毎日、
この甘~い考えと闘っています。

 

この甘~い考えを
いかに減らしていくか。

 

中年になり、
マスク着用必須の世の中に甘え、

 

清潔感&清潔であること

をきちんと満たしているか、

 

社会人ほやほやの彼女たちとは
別の視点から、

自分の「身だしなみ」を
振り返る機会でした。

機会に感謝です。

 

 

いつもお読みくださり、
ありがとうございます。
※毎週火曜日に更新しています。

 

2020.7.28

 

あなたのビジネスシーンを
1ステップ、スキルアップ

横綱鶴竜関の言葉

2020.7.21

こんにちは、
おもてなし人材プロデューサーの
近藤みなこです。

 

大相撲夏場所が始まりました。

横綱のことば

2日目取組前に、残念なニュースが涙。
大好きな横綱鶴竜関
休場されました。

 

場所前のインタビューで
語ってくださったこの言葉

今の私にしっくりくる、
大事にしたい言葉でしたので、
ご紹介します。

 

明日のこと心配しない
昨日のことは悔やまない
今日いま全力

 

腰のけがで、休場を余儀なく
されてしまった横綱。

 

場所を盛り上げなければならない
責任感とか、

いろいろな人に迷惑がかかるな、

とか、

私には思いつかないような
プレッシャーの中で、
身体と心を

考えての休場でしょう。

 

(しかし、いつもハッとするのが、
鶴竜関は34歳で、
私よりもひとまわり以上お若い、
という事実・・・)

 

鶴竜関のお相撲は見れないことは
残念ですが、

鶴竜関が教えてくださった
この言葉は、

私の人生に
エネルギーをくれそうです。

 

明日のこと心配しない
昨日のことは悔やまない
今日いま全力

 

鶴竜関、
いろんな雑音を気にせず、
今日に全力を注いで、
体調がよくなりますように
お祈りしています。

 

いつもお読みくださり、
ありがとうございます。
※毎週火曜日に更新しています。

 

2020.7.21

 

あなたのビジネスシーンを
1ステップ、スキルアップ

変化を受け入れる

2020.7.14

こんにちは、
おもてなし人材プロデューサーの
近藤みなこです。

朝の博多駅

 

自粛期間が解除され
1か月が経ちました。

 

私も、ホームタウンの福岡市内や
博多駅周辺を歩く機会が増えました。

 

街並みが変わったな、と感じるのは、

 

博多駅近辺に
相次いでオープンしたばかりの

真新しいホテル群が、
利用客もまばらな様子で寂しいこと。

 

それから、

レストランだった場所に
「テナント募集」の広告が
貼られていたり、

すでに新しいお店になるための
改装作業が行われていたり、、、

 

新型コロナウイルスさえなければ、
当たり前のように
インバウンド客や
地元のお客さんでにぎわっていた
だろうに。

変化とは恐ろしいものです。

 

イギリスの自然科学者、
チャールズ・ダーウィンの言葉で、
大変有名な言葉があります。

 

「最も強い者が生き残るのではなく、
最も賢い者が生き延びるのでもない。
唯一生き残ることができるのは、
変化に対応できる者である。」

 

…まさに、今、この瞬間に生きる
私たちにパワーをもたらす言葉です。

 

2020年は、
歴史的に捉えても、
大きなターニングポイント
変換点となるでしょう。

 

この瞬間を生きる人間としての責任は、
この体験を次世代へ伝えること
ではないでしょうか。

 

変化を恐れず、
変化を受け入れ、
自らの変化を進んで行う。

 

頭で考えることは簡単ですが、
行動することは難しいです。

 

しかし、
今こそ、チャレンジと変化、進化。

もう、
昨年の今頃の生活には戻れない、
変化を受け入れる時です。

 

次の世代へのお手本となれるよう、
ともに変化を受け入れていきましょう。

 

いつもお読みくださり、
ありがとうございます。
※毎週火曜日に更新しています。

 

2020.7.14

 

あなたのビジネスシーンを
1ステップ、スキルアップ

正常性バイアスを減らそう

2020.7.7

こんにちは、
おもてなし人材プロデューサーの
近藤みなこです。

梅雨明けが待ち遠しいです

今日は七夕ですが、
今年もやっぱり梅雨の天候で
天の川は見えないようです。

先日から、
土砂災害の被害が出ています。

被害に合われた方々に
お見舞い申し上げます。

 

 

大きな災害が起こった後、
テレビのインタビューで
被災者の方が

「50年、ここに住んでいるけど、
今回のような大雨は初めて」

と、お話されているのを
見たことがあります。

 

「今まで大丈夫だったから、
今回もきっと大丈夫」

このように
過去の経験を基準にして
物事をなるべく良い方向から
見ようとすること

 

正常性バイヤスが働く

 

と言いますが、これは、
人間の特徴のひとつだそう。
(人間は、物事を良い方向から
見ようとする生き物です)

 

正常性バイヤスは
言い換えると「油断」とも
言えます。

 

災害や事故以外で、
例えば仕事上でも
正常性バイヤスがかかり、
油断が生じると

途端にミスにつながる
場面があります。

 

私の経験した、
たくさんの正常性バイヤスによる
失敗例2つをご紹介します。

 

・いつも通りに自宅を出たが、
大雨の影響で、時間どおり
目的地に到着できなかった。

→ この失敗の要因は、
大雨が、どういう影響を与えるか、
予見できていなかったため。

 

・予約しなくても
いつも座れるお店だから~、と思って
予約せずに行ったら、
「今日は貸し切りです」と言われた。

→ この失敗の要因は、
「貸し切り」という
予見が
できていなかったため。

 

正常性バイヤスは人間の特徴です。

 

しかし、
正常性バイヤスを減らす工夫を
することで、

想像を超えた事象への対応力
養うことができます。

 

想定外、を減らす工夫を
毎日重ねて、
災害や事故や、仕事を
うまく乗り越えていきたいですね。

 

いつもお読みくださり、
ありがとうございます。
※毎週火曜日に更新しています。

 

2020.7.7

 

あなたのビジネスシーンを
1ステップ、スキルアップ