大谷選手の日本人らしさ

2018.4.18

こんにちは
おもてなし人材ブロデューサーの
近藤みなこです。

ちょっと

今年初めての観戦!
日ハム戦です。
ドーム、美しい。

サボってしまったら・・・

 

あっという間に
1ヶ月のブランクが!

 

日常の、
A 当たり前のことを
B ばかにしないで
C ちゃんとやる。の法則

昔の上司が言っていた
ABCの法則を
怠ってしまいました。

ブログを書くとは、
私にとっては、ハードルの髙い作業、、、
なのだな、と自分で自分を認めました。

 

さて本題。

 

私はもともと
大谷翔平選手を応援しています。

くわしくはこちらの記事をご覧ください。

大谷翔平投手のビジネスマナー解説。

ホークスファンを魅了する大谷翔平選手

大谷選手に学ぶビジネスマナー②
アイコンタクトとアイレベル

 

 

大谷翔平選手の活躍で、
にわかMLBファンになった私。

朝5時に起きて、
大谷選手のゲームを観戦しています。

そして、思ったこと。

 

大谷選手が、
日本プロ野球で5年過ごしたことが

彼の人格形成にとって、

本当に恵まれた時間だった!

ということです。

 

大谷選手の立ち居振る舞いには、
日本人の良さが100%表れています。

(彼はゆとり世代ですから、
ゆとり世代にも
日本人の良さが受け継がれている、
と言えます)

 

以下は私の持論です。

私は、
「海外エアラインの
CA(=キャビンアテンダント)に
なりたいんです!」と
おっしゃるお嬢様には、
このようなアドバイスをしています。

 

”日系エアライン(=ANAかJALのみ)で
数年働いてみて。その後、
外資エアラインに再就職するといいよ”

 

CAさんで、
学校を卒業してそのまま外国のエアラインに
就職したCAさんと、

学校を卒業してすぐに
日系のエアライン(=ANAかJALのみ)で
何年かフライトしたCAさん。

その違いは、一目瞭然です。

 

学卒ダイレクト外資CAさんには、
日本人のいわゆる「日本人らしい細やかさ」は
期待できません。

それに対し、
国内エアラインで数年を過ごし、
その後
海外エアラインに就職したCAさんは・・・

日本人らしさ、
日本人ならではの細やかさ、
日本人ならではの言葉づかいの繊細さを
持ち合わせています。

大谷選手にも同様のことがいえます。

大谷選手の一挙手一投足には、
日本人らしさが表れています。

 

審判へのお辞儀。
1塁、2塁上での相手チーム選手との
コミュニケーション。
ベンチ内でさりげなくゴミを拾ったり、

ひまわりのタネをプッと飛ばす同僚に混じり、
大谷選手は紙コップにタネを収納する、、、

さらにその紙コップを
ちゃんとゴミ箱に捨てる。

日本人ならではのお行儀の良さです。

 

もしも仮に、
大谷選手が日本ハムを経由せずに
ダイレクト大リーグでメジャーリーガーに
なったと仮定したら、

おそらく日本人らしさを
持ち合わせることはなかったでしょう。

 

2018.4.18

 

子供とオトナの脳の違い。

2018.3.12

こんにちは、

おもてなし人材プロデューサーの

近藤みなこです。

まもなく取り壊しになるJR熊本駅。くまモンからのメッセージが!

 

「ほら、あの人、あの人」

「あれ、あれよ~、名前が出てこん」

「そこの左側のその・・・」

 

あれ、これ、それ、

便利な言葉です。

単語が出てこなくて困ってしまったことは

誰でも経験したことのある事象ですね。

 

「昔はこんなことなかったのに」

 

と、過去を懐かしむのも

誰でも経験したことのある

日常のひとコマだと思います。

 

そう、子供の記憶力ってすごいですね。

成人して久しい今日このごろ、

成長しているのか、後退しているのか、、、

成長と後退を繰り返しながら

生活していますが、

「忘れることは正しい」と、

脳科学の先生がおっしゃっています。

 

なぜでしょう?

大人に比べて

子供の記憶力が優れているのは、

脳に記憶されている情報量が

少ないから、だそう。

 

子供に比べ大人は、

膨大な量の情報

脳の中に蓄積しているので、

情報を取り出す時間がかかる、

情報を入れている引き出しが

たくさんありすぎて、

なかなか明らかにならない、という

仕組みだそうです。

 

「子供のころに比べて、

一年が短く感じられるようになった」

という感想も、しごく当然のこと。

 

大人は子供より経験がたくさんあり、

ひとつひとつを脳に刻み付けているので

新しい経験に対する驚きや感動が

薄くなります。

 

その結果、

日々の出来事に対する感動のハードルが

低くなり、

さらに、感動することを避けるように

一日が何もなく、平坦に終わることを

願うようになり、

「今日も無事に過ごすことができた」

と感謝するのが大人の振る舞い、だそう。

 

何もなく、平坦な日常は

私にとっては少々不満を感じます。

・・・まだまだ子供でいたい、

と願う私。

私の脳は

いまだに成長を続けたいのかしら?

 

2018.3.12

近藤みなこ
おもてなし人材プロデューサー
近藤みなこスキルアップ・ラボ主宰

オフレコはこの世に存在しない!

2018.2.27

こんにちは、
おもてなし人材プロデューサーの
近藤みなこです。

福岡空港国際線ターミナル
いつも観光客で大混雑しています

 

人生を過ごしていると、
「あのとき、あんなことがあったな」

など、懐かしく思い出すことが
増えるものですね。

先日、
高校の同級生が
フェイスブックで私を発見し、
連絡をくれました。

 

そして、再会したのです!

 

・・・ウン十年ぶりに
彼女と会ったのですが、

面白いことに、

 

「全然変わってな~い!」

 

見かけはもちろん、
年齢を重ねています。

でも、脳で相手を見ているので

歳を重ねても「あ、○○ちゃんだー」
と、わかるんだと思います。

 

私は、出身高校の近くに住んでいて、
今も変わらない制服姿で
登下校する女子高生を
ちょくちょく見かけるんですが・・・

自分でも「私、おかしいな笑」
感じることがあって、

 

それは、

登下校する女子高生を見て、、、

「あ!○○ちゃんだ」

と、同級生を思い出してしまうのです笑

 

自分は何十年も前に卒業したというのに、
今現在の女子高生を見て、
同級生だと思う・・・

おかしいですよね笑

 

前置きが長くなりましたが、

時代の流れとともに
かつては存在していなかった
新しい言葉が生まれ、

 

逆に使わなくなった言葉が
死語となって、
使われなくなっていきます。

 

先日、セミナーの中で
「この話はオフレコですが・・・」

と、講師の先生がおっしゃいました。

 

すると、私の隣りに座っていた
受講生(20代)は
オフレコ、の言葉の意味が
理解できなかったのでしょう、

ポカンとなさっていました。

 

オフレコとは、off record つまり、

記録していないから特別に話しちゃうよ、
内緒の話だからこの場にいる人だけで
共有してね〜、

というニュアンスで使うワードです。

 

ところが、今の時代、
オフレコ、の状態を作り出すことは
不可能に近い、といえます。

 

簡単に録音や録画ができ、
ツイッターやLINEや
その他いろいろなツールが、
私たちの生活を彩っています。

 

街中に防犯カメラが作動していて、
GPSが搭載された車に乗り、

多くの人が
スマホやタブレットを持ち歩いています。

 

オフレコ = ナイショだよ、
を信用すると恐ろしい事象
引き起こしてしまいかねません。

 

私も昭和後期の名残りで
ついついリップサービスが過ぎるので、
後悔することがあります。

もう一度書きます。

 

オフレコはこの世に存在しない!

 

2018.2.27

近藤みなこ
おもてなし人材プロデューサー
近藤みなこスキルアップ・ラボ主宰

CA人気、低下しても・・・

2018.2.18

こんにちは、
おもてなし人材プロデューサーの
近藤みなこです。

先日の大雪。
しんしんと降る、を体感。

ここ何年か、気になっていたこと。

「どうやら最近の若い方々には、
CA(=キャビンアテンダント)は
憧れの職業ではないらしい」

非常に残念なことではありますが、
事実であります。

 

ネットニュースを要約しますと、

「昭和の時代から長く花形職業、と
言われていたCAが、
各航空会社が人材確保に必死になる
ほど、人材難に陥っている。

学生が、LCC(=格安航空会社)の
CAを見て、その仕事が過酷であると
認識し、敬遠している可能性がある」

 

さらに、
「CAは、昔のように”海外に行って、
美味しいものを食べてショッピングする”
という華やかな生活ではなくなった」

ご指摘のとおりです。

 

CAが華やかな生活をしていたのは、
航空産業が時代の最先端であった、
今から30年くらい前まで
のことでしょう。

 

戦後すぐにバスガイドさん
もてはやされたように、

あるいは、
1990年代に流行ったF1につきものだった
レースクイーン。
(この職業も近々、消滅するそうですね)

などに代表される職業と同様、

 

確かに、CAは、
飛行機が普通の乗り物になって以来、
もてはやされる職業ではなくなった
のです。

そして、
航空機内でCAが不要になる時代
もうそこまで来ているのかも
しれません。

 

しかし、私はこのように考えます。

「花形職業、でなくてもいい。
ただ、優れたおもてなしを実施する職業
として、残ってほしい。」

なぜなら、
CAは日本文化の伝承者であるから。

 

おもてなしを得意とする日本では
他国ではできないおもてなしを
研ぎ澄ませていくことが
国益の増強につながる、と思います。

日本以外の国の航空機内で
CAがいない機内空間が実現したとしても

空の上での
日本人らしさの発揮は
後世に残したい、と切に願います。

 

2018.2.18

近藤みなこ
おもてなし人材プロデューサー
近藤みなこスキルアップ・ラボ主宰

眉間のシワはなぜできる?

2018.2.12

こんにちは、
おもてなし人材プロデューサーの
近藤みなこです。

水郷柳川のクリーク

 

眉間のシワ、
気にしたことはありますか?

 

私は、ここ1年で
眉間にシワができました。

視力が落ちたことが原因だ、
と思います。

 

私は、
髪の毛に白髪も多くなりましたが、
年相応に人生を送る、と決めたので
ヘアカラーはしません。

 

同様に、眉間のシワも
外的パワーで改善をしようとも
思っていなかったのですが、

 

先日、ある出来事に触れ、
眉間のシワは取り除けるよう、
努力しようかな、、、
感じました。

 

先日、
経営者の集まるセミナーがあり、
その懇親会の席上、

高知からいらっしゃった講師が
セミナー参加者の男性Sさんに、
こうおっしゃいました。

 

「あなた、いつごろから
眉間のしわがあるの?」

 

私はSさんと
ちょくちょく顔を合わせるのです。

今まで一度も、
彼の眉間のシワに、
気づきませんでした!

 

私がSさんの眉間のシワに
気づかなかった理由は、

長く接していると、
Sさんのお顔を見ているようで、
実は、私の脳がSさんのお顔の印象を
決めているから、です。

 

つまり、
長く接していると、その人の
姿かたちを見るのではなく、
その人の印象を見ているのだと。

 

さて、
眉間のシワを指摘された講師の先生は、
穏やかな表情で、まさか眉間にシワなど
ないような福福しいお顔立ち、
だったのですが、
その先生がこのようにおっしゃいました。

 

「自分にも長年、眉間のシワがあった。
その当時、会社経営で四苦八苦していて、
部下にあたったり、家族にあたったり、

人生とは辛いもの。

そう思いながら、生きていた。

そういう生き様だったら、
眉間にシワが発生するのは当然。

ところが、あることがきっかけで
自分の心がけを変え、
自分の習慣を変え、
社員さんに対する接し方を変えたら、

眉間のシワも消えていった。」

 

眉間のシワって、
本人の意識の持ち方で発生したり
消えていったりするものなのですね。

生きていく上で、
心もちが大切だとひしと感じました。

 

ということで、
視力が落ちたから眉間のシワができても当然
と思っていた私は、

心もちを変えて、
ゆったりと朗らかに日常を過ごすことで
眉間のシワ解消にチャレンジしよう!

と思っております。

 

2018.2.12

近藤みなこ
おもてなし人材プロデューサー
近藤みなこスキルアップ・ラボ主宰

「忙しいでしょ?」は褒め言葉??

2018.2.3

こんにちは、
おもてなし人材プロデューサーの
近藤みなこです。

ずらり!新幹線たち。
まもなく那珂川市になります。

新年が明け、
慌ただしくしていたら、
もうすでに2月になっていました笑

・・・笑うしかないですね〜

 

このような慌ただしさ、
なんなんでしょうか?

 

ひとつの理由には、
口グセ、があるように思います。

「お忙しいでしょう?」

私ももちろん、
日常的に用いるフレーズです。

 

「お忙しいでしょう?」
言われると、

なんとなく、
「仕事が忙しくて、
儲かっているでしょ?」

あるいは、
「仕事が忙しくて、
仕事以外の時間がないでしょ?」

みたいなニュアンスを生み出します。

「忙しいでしょ?」は
果たして褒めことばなのでしょうか??

 

確かに、
すごく便利な言葉です。

「忙しいでしょう?」

こう言われて嫌な気分になる人は
あまりいないかもしれません。

 

儲かっているか、
仕事をめいいっぱいやっているか、の
基準で捉えるなら
確かに褒め言葉なのでしょうが、

 

忙しいということは、
仕事以外のことに手が回っていない、

そのことを
第三者から指摘されている、
考えてみると、

必ずしも褒め言葉ではないのかも
しれません。

 

仕事上の上司や
お取引先の目上の方から

「忙しい?」と言われたら、

自分の状況を省みて、

「あ、ちょっと余裕を失っていたな」

と、振り返ってみる時期なのかも
しれません。

 

・・・実はこの事例は、
先週の私、の状況そのままなのでした。

 

2018.2.3

近藤みなこ
おもてなし人材プロデューサー
近藤みなこスキルアップ・ラボ主宰

プレゼントにまつわるおもてなし

2018.1.21

こんにちは、
おもてなし人材プロデューサーの
近藤みなこです。

ちょうど1年前、
私は地元福岡のテレビ局の
取材を受けました。

↑これですね〜。
この番組の中で、
ちょっとアクシデント、というか

私の料理下手が明白になっちゃった
場面がありました。

 

それがこちら。

包丁でプチトマトを切っているのですが、

包丁の切れ味が悪く、
もたもたしてしまったんです笑

 

ま、いっか。
そんなところを見る視聴者は
いないだろう、と

全然気にも止めていなかったのです。

 

そうしましたら、
オンエアから3,4ヶ月経ったころ、
あるお知り合いの男性が

「良く切れる包丁があるんで、
近藤さんにプレゼントします!」

と、おっしゃるんです。

10分ほどの映像でしたが、
ちゃんと細部まで観てくれて
いたんですね・・・感動、とともに

・・・トホホー、バレてたか。

 

おかげさまで、
その男性が晴らしく切れ味の鋭い包丁
プレゼントしてくださり、

私は今、
キッチンでその包丁を使う度に
包丁をプレゼントしてくださった
Sさんのことを思い出します。

Sさん、ありがとうございます!

 

Sさんの包丁のおかげで、
みじん切りもせん切りも
だいぶ上手になりました笑

 

私はプレゼントを選ぶのが
あまり得意ではありません。

どうしても
消耗品」のほうが無難でないか、
と思い、お菓子やお酒を
プレゼントすることが大半です。

お菓子やお酒 = 消えモノ

と、呼ぶそうですね。

 

あとあとまで残る物品は、
プレゼントを受け取る人に
迷惑になっちゃうことがあるのでは
ないか、と思って、
消えモノを選んでいました。

しかし、「包丁」をくださったSさんの
お気持ちを深堀りすると、
一概に
「あとあとまで残るもの」は迷惑ではない、
と気づきました。

 

相手が「あったらいいな」と思っているもの

相手の困っていることを解決できるもの

という観点で考えられていて、

おもてなしの気持ちが
たっぷり詰まっているな〜、と

感動しました。

プレゼントを考えるときの
参考にいたします。

 

2018.1.21

近藤みなこ
おもてなし人材プロデューサー
近藤みなこスキルアップ・ラボ主宰

合同・新入社員研修を行います

2018.1.18

こんにちは、
おもてなし人材プロデューサーの
近藤みなこです。

研修風景

現在、
4月に入社される新入社員向けの
「合同新入社員向け研修」
開催するための準備を行っています。

2018年 合同新入社員研修のご案内

今年度は、
中小企業さま向けに、
福岡、熊本、佐賀、の3箇所で
実施いたします。

 

20〜30名規模の中小企業さまは、
新卒で新入社員を採用するにも
1、2名ずつ、が基本です。
少人数なので、
なかなか新入社員研修を実施する
環境が整いません。

そこで、
いろいろな業種の
新入社員さまを一同に集めて
研修を実施しよう、という
ご提案です。

 

複数の経営者さまから
よく耳にするお悩みに、

「入社したばかりの新入社員が
半年で辞めてしまった」

「求人募集しているけど、
なかなか面接に来てくれない」

などがあります。

ここはやはり、私のような
外部講師のチカラの見せどころです。

 

入社してすぐに、

・学生と社会人の違い
・就職先の企業研究
・会社のしくみ

などをきちんと学ぶと、

・仕事に対しての
向き合い方や心がまえ
・会社の上司、先輩、同僚との
コミュニケーションの取り方

などが身につきます。

 

そして今回の「合同研修」には
もうひとつ、メリットがあります。

それは、
違う会社のみんなと学ぶこと。

会社外のつながりが出来ることが
会社人生にとってプラスになる、
と、私は思います。

自分の新入社員当時を振り返ると、
「もっと異業種、他社の友人と
交流しておけばよかった」と
感じることがあるからです。

 

ということで、
今後、近い時期に
このホームページの固定ページで
合同新入社員研修についてのご案内を
掲載いたします。
ご興味のある方は、ぜひご覧ください。

2018年度 合同新入社員研修のご案内

 

2018.1.18

近藤みなこ
おもてなし人材プロデューサー
近藤みなこスキルアップ・ラボ主宰

整理整とんはお客様のため。

2018.1.12

こんにちは、
おもてなし人材プロデューサーの
近藤みなこです。

新幹線とモノレールとJR!

 

ある企業のオフィスに
月に何度か伺っています。

若手社員さんとのお話の中で

オフィスの整理整とん

をすることになりました。

 

ちなみに、整理と整とんは、
異なる意味合いがあります。

整理とは・・・
不要なものを処分すること

■整とんとは・・・
物品の定位置を決め、
定位置に収納もしくは置くこと

 

そういえば、
飛行機の中にあるコート掛けや
引き出しなどの収納スペース、
そのすべてに番号が付けられています。

 

そして、飛行機の中で使う物品
ありとあらゆるもの定位置、
が決められていています。

 

 

例えば、
予備の救命胴衣○個は、
どこどこに収納されている、

爪楊枝○本は△△番の引き出しに
収納されている、

とか、

一見「どうでもよくない?」と
思われるような物品にまで
定位置が決まっていて、

飛行機に載せるすべての物品の
定位置と定数量が記載された
マニュアルが存在しています。

 

そのマニュアルを見れば
どこにどの物品が積まれているか
一目瞭然なのですが、

覚えるのが大変なんです・・・。
(今思い出しても、
マニュアルに追いかけられそう!)

 

例えばお客様に
「(お子様用の)おもちゃをください」
と頼まれ、
お座席に、
おもちゃ箱
(おもちゃがたくさん入っている箱)

お持ちしたとします。

 

お客様に2つくらい差し上げ、
おもちゃ箱は定位置に収納しなければ
ならないのですが、

「今、忙しいから後で収納しよう」

 

と、定位置以外のところに
ポイッと置いてしまいました。

そのまま、フライトが終わり、
私が飛行機を降りたあと、
別のキャビンアテンダントさんが
引き出しを開けると・・・

 

結果、どんなことが起こるか
想像がつきますね。

 

「ここにあるべき物品がない!」
大騒ぎになってしまうのです・・・

 

一番迷惑を被るのは、お客様。

 

お客様に迷惑をかけないように、
また一緒に働く仲間に
不愉快な思いをさせないためにも

 

整理整とんは大切なことですね。

 

オフィスの整理整とんも、
ひいては
お客様のために必要な作業である
そのように感じます。

 

2018.1.12

近藤みなこ
おもてなし人材プロデューサー
近藤みなこスキルアップ・ラボ主宰