ラスト・インプレッションを極める。

2016.12.21

 

こんにちは、
おもてなし人材プロデューサーの
近藤みなこです。

九州場所は、博多の「冬の始まり」
今年1、2番目にお気に入りの写真。宮城野部屋の皆さんと。

 

最近、店舗を巡回して
接遇マナーの指導を
させていただいているのですが、

「お店の印象」を決めるのは、

人の対応、だと

改めて思い知らされます。

 

そして、「人の対応」の中でも、
以下の2つのシーンが

お客様がリピートするかどうかの
重要なシーンだ!

 

と断言したくなりました。

 

そのシーンとは、

1つ目・・・第一印象
     =ファースト・インプレッション

2つ目・・・最終インプレッション
     =ラスト・インプレッション

 

1つ目の「第一印象」については、
私はCA時代からずっと、
「第一印象ほど、大切な瞬間はない」

と、理解しておりました。

・・・第一印象を失敗してしまったら、
印象を挽回するのに
それはそれは大層な
エネルギーと時間が必要だ、
という経験を

お恥ずかしながら、
何度も何度も、したからです。

 

そして、
店舗巡回に伺うようになってから、

第一印象と同じくらい
重要なシーンとして認定したのが、

ラスト・インプレッション。

(「最終印象」ではなく、あえて
ラスト・インプレッション、と書きます。)

 

相手とコミュニケーションを取る、
最後の場面なので、
「もう二度とこの人と会えない!」

という切ない気持ちで
相手に接していただきたいのです。

・・・と書くと、
○○ハラ、になりそうですが、

 

相手=お客様が
「またこのお店に来たい」
思わせる印象を残さないと、

そのシーンに至るまでの
第一印象や
その後のいろいろなシーンが

すべて台無しになってしまう、

ということに気づいたからです。

 

来年は
ラスト・インプレッションの重要性を
強化したプログラムを作り、

クライアント様に
リピーターを増やす戦略
ご提案していきます。

 

2016.12.21

 

〜あなたのビジネスシーンを
1ステップ、スキルアップ〜

近藤みなこ
おもてなし人材プロデューサー
近藤みなこスキルアップ・ラボ主宰

最高の第一印象でビジネスを成功に導こう

ビジネスマナーは予防注射だ!

低い声で話そう

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA