正常性バイアスを減らそう

2020.7.7

こんにちは、
おもてなし人材プロデューサーの
近藤みなこです。

梅雨明けが待ち遠しいです

今日は七夕ですが、
今年もやっぱり梅雨の天候で
天の川は見えないようです。

先日から、
土砂災害の被害が出ています。

被害に合われた方々に
お見舞い申し上げます。

 

 

大きな災害が起こった後、
テレビのインタビューで
被災者の方が

「50年、ここに住んでいるけど、
今回のような大雨は初めて」

と、お話されているのを
見たことがあります。

 

「今まで大丈夫だったから、
今回もきっと大丈夫」

このように
過去の経験を基準にして
物事をなるべく良い方向から
見ようとすること

 

正常性バイヤスが働く

 

と言いますが、これは、
人間の特徴のひとつだそう。
(人間は、物事を良い方向から
見ようとする生き物です)

 

正常性バイヤスは
言い換えると「油断」とも
言えます。

 

災害や事故以外で、
例えば仕事上でも
正常性バイヤスがかかり、
油断が生じると

途端にミスにつながる
場面があります。

 

私の経験した、
たくさんの正常性バイヤスによる
失敗例2つをご紹介します。

 

・いつも通りに自宅を出たが、
大雨の影響で、時間どおり
目的地に到着できなかった。

→ この失敗の要因は、
大雨が、どういう影響を与えるか、
予見できていなかったため。

 

・予約しなくても
いつも座れるお店だから~、と思って
予約せずに行ったら、
「今日は貸し切りです」と言われた。

→ この失敗の要因は、
「貸し切り」という
予見が
できていなかったため。

 

正常性バイヤスは人間の特徴です。

 

しかし、
正常性バイヤスを減らす工夫を
することで、

想像を超えた事象への対応力
養うことができます。

 

想定外、を減らす工夫を
毎日重ねて、
災害や事故や、仕事を
うまく乗り越えていきたいですね。

 

いつもお読みくださり、
ありがとうございます。
※毎週火曜日に更新しています。

 

2020.7.7

 

あなたのビジネスシーンを
1ステップ、スキルアップ

中小企業らしさを活かす経営

2020.6.30

こんにちは、
おもてなし人材プロデューサーの
近藤みなこです。

6月2日の朝焼けです

コロナと共に、新しい生活」
始まりました。

 

わが国の若者の就業感、労働感が
変化しつつあることを
前回のブログに書きました。

 

詳細は、こちらをご覧ください。↓
若者の地方志向と中小企業の役割

 

 

今日は、
地方の中小企業は、
どのように存在すれば、
理想的な労使関係の在り方を
実現できるのか、

 

このことについて、
掘り下げていきます。

 

 

今、政府は、「SDGs」
推進しています。
こちらの記事をご覧ください。↓
SDGs(エスディジーズ)
世界全体を考える

 

働き方改革が、
コロナ渦をきっかけに加速
しています。

 

「ウチは、
社員の少ない会社だから、
リモートワークは、関係ないな」

 

「リモートワークできる業種
じゃないから、

コロナ渦うんぬんは関係ないな」

 

経営者からの
このようなお声を耳にします。

 

中小企業にとって、
コロナ渦の影響がある
もしくはない

 

いずれにとっても

働き方について
再考する時期であることを
認識することです。

 

もうひとつは、

言葉によるコミュニケーションを
再確認する時期である、
と、自覚することが重要です。

 

言い換えれば、

これまでのコミュニケーション方法を
見直してみることです。

 

社内コミュニケーションを通して、
お互い(部署内、他部署など)に
評価しあう、仕事を理解しあう
そんな社内文化を作っていこう、

と、リーダーが占めすことが
今、求められています。

 

中小企業は、
社員一人ひとりのスキルが
高いか低いかによって、
業績が大きく変わります。

 

いかに、
モチベーションを上げる環境を
整えてあげるか、

リーダーの采配は、
いつの時代にも、
どんな環境におかれていても、
変化しない、といえます。

 

いつもお読みくださり、
ありがとうございます。
※毎週火曜日に更新しています。

 

2020.6.30

 

あなたのビジネスシーンを
1ステップ、スキルアップ

若者の地方志向と中小企業の役割

2020.6.23

こんにちは、
おもてなし人材プロデューサーの
近藤みなこです。

シャクヤクです

ポスト・コロナで、
若者の「都市」に対する意識変化
進んでいるようです。

 

私が学生だった頃から、
一貫して続いてきたのは、

地方の若者の東京志向の強さ

 

地方自治体によっては、
様々な努力を行い、
UターンやIターンを推進する
政策を行い、
実際に成功している事例も多々
ありますが、
(高知県や大分県臼杵市など)

 

全国的に見れは、
コロナ前の一般的な若者は、

東京志向、が大半でした。

 

ところが、

就職情報のマイナビ社が行った
調査によると、

 

2021年卒業の大学生へのアンケート
「Uターン、地元就職に関する調査」
では、

 

働く場所が自由になった際の
理想の勤務地・居住地は?

の質問に対し、

 

① 地方
② 東京以外の都市
③ 東京

上記の3択で尋ねたところ、

 

勤務地・居住地域の理想は、

 

「① 地方」が50%で1位、
という
結果だったそうです。

 

このアンケート結果は、
今後の国としての在り方にも
反映されるべきです。

 

 

地方経済は、
中小企業で
成り立っています。

 

中小企業が、
地方経済の中心的
担い手であることを、

各社の経営者が自覚し、

 

地域経済のために
自社はなにをできるのか、を

 

経営ビジョンを通して
積極的に
若者や地域に伝えることで

 

企業の存在意義が明確になり、

 

「地方分散型社会」の実現に

一歩ずつ近づいていけるのでは
ないか、と考えます。

 

まずは、自社の存在意義を
明確にする。

 

私は、
お客様が成長・成功を通して
自分自身も成長・成功したい、
お客様に寄り添う存在でありたい、

と考えております。

 

いつもお読みくださり、
ありがとうございます。
※毎週火曜日に更新しています。

 

2020.6.23

 

あなたのビジネスシーンを
1ステップ、スキルアップ

スーパードルフィン

2020.6.16

こんにちは、
おもてなし人材プロデューサーの
近藤みなこです。

先日、正確に言うと
2020年6月14日、

かつての職場だった飛行機が
退役するということで、

福岡空港に行ってきました。

 

いるかマークの
「スーパードルフィン」という
ニックネームのついた飛行機です。

 

福岡空港に赴くこと自体、
いつぶりでしょう?

 

地下鉄駅を降りたところから、

私の知っている空港とは
まったく違っていて、

ちょっとさみしい気分に、、、。

 

展望デッキに
たどり着くまで、えらく
時間がかかりました。

 

しかし、4階まで
ふうふう言いながら階段を上がって、

8番ゲートにいる
「スーパードルフィン」を見て、

 

思い切って、出かけてよかった!

 

そう思いました。

早速写真を、、、

と思ったら、
スマホを家に置いてきていたことに
気づき、、、しばらく落ち込みました。

こちらは2018年に搭乗したときです
機内はコンパクトです

 

飛行機を目に焼き付けながら、

 

CAになったばっかりの頃の
うれしくてたまらなかったこと

ミスをして落ち込んだこと

 

後輩に伝えたいことが
なかなか伝わらなくて
コミュニケーションの難しさ
思い知ったこと、

もう名前も忘れてしまった、
先輩や後輩や、
顔見知りの空港スタッフの顔が
浮かんできたり、

 

いろいろなことを
思い出しました。

 

「スーパードルフィン」が
私の仕事の原点でした。

 

仕事とは、

だれかのために、
行動すること、仲間と協力し、
ひとつのことを作り上げることだ、

と学ばせていただいた、
飛行機でした。

ありがとうございました!

 

 

それにしても、
ここから見ていると、
メンテナンスばっちりで

まだまだピカピカなのに、、、

 

どんどん、新しくて燃費のよい
飛行機が登場するので、

退役しなくちゃ、なんでしょうか。

 

人間も、同じかも!
いつでもメンテナンスを行って、
若い方に負けないように
頑張ります。

 

いつもお読みくださり、
ありがとうございます。
※毎週火曜日に更新しています。

 

2020.6.16

 

あなたのビジネスシーンを
1ステップ、スキルアップ

アンダーマスクの表情管理

2020.6.9

こんにちは、
おもてなし人材プロデューサーの
近藤みなこです。

 

あじさいの季節になりました。

マスク生活、もう慣れましたか?

「新しい生活様式」となり、
当たり前ののように、マスクを着用して
外出する毎日が始まりました。

 

マスク着用で、
ビジネスマナーの世界も
変化を余儀なくされています。

 

従来は、「表情」によって、
即座に(スピーディに、一瞬で)、
相手に好意や敬意を表現することが
可能でした。

 

ところが、マスク着用下では、
なかなか「表情」による演出が
難しい場面が増えています。

 

もちろん、
従来どおり「アルカイックスマイル」
保ったまま、
人と接することがベストだと、
私はそのように思っています。

 

しかし、
今は「表情」よりも、
重要視されている要素があるようです。
その要素は、「身だしなみ」。

 

清潔かどうか。

清潔感はあるかどうか。

 

コロナ対策では、
この2点が、とても大切です。

 

「身だしなみ」は、
「おしゃれ」とは異なり、
相手が不快に感じることで、
不足が発生する要素。

 

このご時勢では、
不足している「身だしなみ」を
真正面から指摘してくれる人
見つけることが
大変かもしれません。

 

2か月の巣ごもり期間で、
私の身体に表れた変化。

 

運動不足による筋力低下、と、
もうひとつが、、、

 

フェイスラインのたるみ。

 

顔の筋肉が落ちました。

 

これは、
誰とも会わないため、
笑顔をつくる時間がなくなったこと
による、弊害でしょう。

 

このままでは大変です!

 

アンダーマスクの表情を
アルカイック・スマイルで
キープしながら、
過ごしていきたいものです。

 

いつもお読みくださり、
ありがとうございます。
※毎週火曜日に更新しています。

 

2020.6.9

 

あなたのビジネスシーンを
1ステップ、スキルアップ

「表情」から「身だしなみ」に???

2020.6.2

こんにちは、
おもてなし人材プロデューサーの
近藤みなこです。

ワインで乾杯☆できる日を願って…

 

昨日、6月1日から福岡県でも、
新しい働き方での
フル勤務
始まりました。

 

stay@home期間中、
いろいろな方から
新しい働き方でのビジネスマナー
ついての
ご相談を受けました。
(頼りにしてくださって、
ありがとうございます!)

 

例えば、

 

「マスク着用時の表情で、
気をつけることは何でしょうか?」

 

あるいは、

「初対面の方にお目にかかる際は、
マスクを取ったほうがよいでしょうか?」

 

女性の方からは、

「マスクを着用しているときは、
口紅をつけたほうがいいのでしょうか?」

 

・・・余談ですが、
小池百合子東京都知事も
この問題について
お悩みのご様子でしたね。

 

正直に申し上げます。

 

「分かりません。」

 

ですので、
いずれの質問についても
明確な回答を持ち合わせておりません。

ご期待にお応えできず、
申し訳ありません。

 

しかし、
私もこの働き方を現場で体験して、

 

いろいろ試してみて、
ふさわしいビジネスマナーを
習得したいと考えています。

 

ここからは、私の妄想ですが、、、

 

これまでのビジネスマナーで
最も重要視されていた「表情」よりも、

 

これまで、
指摘するのが難しかった「身だしなみ」が、

 

新しい働き方でのビジネスマナーの

キーポイントになるのではないか、

と想像しています。

 

その理由については、
立証できたことをご紹介しつつ、
お伝えしていきます。

 

~HPメンテナンスが終わりました。
来週から、毎週火曜日の更新に戻ります。
今後とも、よろしくお願いいたします。~

 

いつもお読みくださり、
ありがとうございます。
※毎週火曜日に更新しています。

 

2020.6.2

 

あなたのビジネスシーンを
1ステップ、スキルアップ

食べるは生きる!

2020.5.19

こんにちは、
おもてなし人材プロデューサーの
近藤みなこです。

 

毎日、
暗い話題で埋め尽くされています。

私は、極力テレビを付けずに

なるべく、
するべきことに集中する環境を
つくっています。

豆苗、育成中!

 

巣篭もり生活が続くと、
食生活が生活の
大部分を占めるんですね〜!

 

もちろん、なにを食べるか、
がメインテーマではありますが、

どのように食べるか、

どの器で食べるか、

どのように飾り付けるか、

食べ終わったあとは、

どのように片付けるか、

いつ片付けるか、

次の食事の準備はどうするか、

いつ、買い物に行くか、

いつ、どこで、何を買うか、、、。

 

改めて、
365日、買い物に行ってくれていた

母に感謝、ですね。

 

「巣篭もり生活で、
改めて奥さんに感謝の
気持ちを抱いた」

 

とおっしゃる方が
たくさんいらっしゃいます。

 

食べることは、生きること。

 

そして、

家族が、もっとも
コミュニケーションの場として
活用できるのが、
食事の時間。

 

今しかできない、
貴重な時間、と
いえるでしょう。

 

新型コロナの影響で、

コロナ以前とコロナ以後の
線引きが明確になる中、

 

家族の在り方、
家族とのコミュニケーション方法は、

 

避けては通れない、
重要な転換点だといえます。

 

意識しなくても、
のちのち振り返ったとき、

 

家族のターニングポイントが、
この新型コロナ直下の
今の時間であった、と、
認識することがあるのでは
ないかと、予感します。

 

いつもお読みくださり、
ありがとうございます。
※隔週火曜日に更新しています。

 

2020.5.19

 

あなたのビジネスシーンを
1ステップ、スキルアップ

「マスクが足らない」

2020.5.5

こんにちは、
おもてなし人材プロデューサーの
近藤みなこです。

お花から元気をもらいます!

 

私の手元には、
使い捨てのマスクがあと3つ

 

普段の買い物には、
母が作ってくれた
手作りマスクを着用しています。

 

残り3つの使い捨てマスクは、
もし万が一体調不良になって、
医療機関などにお世話になることに
なったときに使おう、
と温存しています。

 

「マスクが足らない」

 

日本中で、もう2ヶ月以上、
この状況が続いています。

 

使い捨てマスクは、
主に中国からの輸入品

 

ふと思ったこと。

 

マスクに限ったことでは
ありませんが、我が国は、
自給自足率の低い国です。

 

スーパーの陳列棚からは、

真っ先にたこ焼き粉
次にお好み焼き粉
ホットケーキミックス

消えてしまいました。

 

これらの原料である小麦粉
9割以上が輸入品

 

自分自身を振り返ってみますと、
私自身の自給自足率は、
恥ずかしいことに、0%

野菜のひとつを作ったことも
ありません。

 

自粛期間が終わったら、
必ず生産者に恩返しします。

 

 

今、地方自治体の力
試されています。

テレビ画面から、
若い首長のリーダーシップ
頼もしく感じます。

 

もうひとつ大切なのは、
リーダー任せにならないこと。

 

住民の行動も試されている、

 

今年のゴールデンウィークは、
日本人にとって、意義のある
時間になるに違いありません。

 

いつもお読みくださり、
ありがとうございます。
※毎週火曜日に更新しています。

 

2020.5.5

 

あなたのビジネスシーンを
1ステップ、スキルアップ

知恵を出し、協力し、援助を受ける勇気

2020.4.21

こんにちは、
おもてなし人材プロデューサーの
近藤みなこです。

 

みなさま、
どのような状況に置かれていても、
共に強く闘っていきましょう。

 

生き残ること、こそが大切。
中小、零細企業にとって
切実な課題です。

 

私も、もちろん、
生き残りをかけて!
闘っていきます。

 

ガーリックバターメガ・大葉withレモン・パスタ

 

 

鹿児島県指宿市にある、
アロハシャツのお店が、

近隣の異業種のお店とコラボして

手作りマスクを
近隣住民に無料で配布している、

というニュースがありました。

 

カラフルなアロハシャツの布地

お菓子屋さんが提供した、
菓子箱を結ぶゴム

 

マスクの内側に入っているのは、
化粧品屋さんが提供したーゼ

 

こうやって、
事業を営む人の知恵に
仲間の事業者が協力し、
地域住民の役に立つことをする、

 

地域に住む人々にとって
これほど心強いこと
ないでしょう。

 

どんな災害が起きても、
人類は、助け合って
生き延びてきましたよね。

バターとガーリック、レモン、大葉の風合いが絶妙!

 

今は、拡大する時期ではない、

足元を見つめ直すとき

 

困っている人を助けるとき。
困っている人は、
「困っています、助けてください」
と、思い切って言うとき。

やせ我慢の精神は、
今は必要のありません。

 

知恵を出す、
協力する、協力をありがたく受ける、、、

 

中小企業のありかたを
示してくださっていると思います。

「助けてください」と
言える世の中を
ともに築いていきましょう。

 

 

いつもお読みくださり、
ありがとうございます。
※毎週火曜日に更新しています。

 

2020.4.21

 

あなたのビジネスシーンを
1ステップ、スキルアップ

ギグエコノミーの威力

2020.4.14

こんにちは、
おもてなし人材プロデューサーの
近藤みなこです。

stay@home、
すっかり満喫しています。

 

今日は、「ギグエコノミー」について
調べてみました。

ギグ(gig)とは英語のスラングで、
ライブハウスで
JAZZミュージシャン達が
短いセッションをつなぎ合わせて
演奏を展開していく、という意味だそう。

 

「ギグエコノミー」は、

インターネットを通じて
単発の仕事を請け負う働き方、
として注目されています。

 

私は利用したことがありませんが、
「ウーバーイーツ」の自転車は、
福岡市内で毎日見かけます。

 

そして、
「ゴーストレストラン」なる

ビジネスも始まっているそう。

 

「ゴーストレストラン」とは、

個人がシェアキッチンで料理をつくり
別の個人の配達員が
消費者のところに運ぶシステム。

店舗やスタッフを持たずに
レストラン事業ができる!
すごい発想ですね。

 

「ゴーストレストラン」の強みは、

 

持たないこと。

 

「持たないことの強み」を生かした
ビジネスモデルが、
今後、あらゆる業界に
イノベーションをもたらす、と
予想されています。

 

社屋や車や人材ですら、
「持たない」「シェアする」発想である、
「ギグエコノミー」をうまく取り入れ、


一方では、
組織やコミュニケーションについて

より一層、磨きをかける時代が
近づいている、と感じます。

 

いつもお読みくださり、
ありがとうございます。
※毎週火曜日に更新しています。

 

2020.4.14

 

あなたのビジネスシーンを
1ステップ、スキルアップ