ワインがもたらしてくれる人生の楽しみ ~ワインについての考察~

2021.1.19

こんにちは、
おもてなし人材プロデューサーの
近藤みなこです。

 

ソムリエ認定証書、宝物です

 

 

実は私、
2006年に
一般社団法人日本ソムリエ協会の
認定ソムリエ資格を得ました。

 

2004年に産業能率大学の通信講座で
ワインの楽しみを味わって以来、
ワインやそれにまつわる歴史は、

 

ワインが与えてくれる人生の楽しみ、

ワインをとおして出会った人との交流、

ワインが教えてくれる食文化への探訪、

などなど、

 

人生に彩りを与えてくれたものの
重要なアイテムのひとつになりました。

 

 

2004年、産業能率大学から
一般社団法人日本ソムリエ協会発刊の
見たことがないほど分厚い
テキストブック「日本ソムリエ協会教本」
送られてきました。

 

背表紙をめくった一枚目のページに

当時の日本ソムリエ協会会長でいらっしゃった
小飼一至(こがい・かずし)氏からの
メッセージがありました。

 

”ワインは、
その土地で獲れたぶどう果汁だけで
つくった酒です。
このような酒は、ワイン以外にありません。

ボトルの中に、その土地の文化が
凝縮されているのです。

なんと豊かな空間、時間でしょうか。”

 

私の手元には、すでに
2004年度版のソムリエ教本はありません。
よって、小飼会長のメッセージも
あいまいであることをお許しください。

 

しかし、
当時の小飼会長からのメッセージは、

当時の私のワインに対する気持ちを
十分に高めてくれました。

このメッセージがなければ、
私は、ワインに魅力を感じなかったかも
しれません。

 

そして、
ソムリエ資格を得るための勉強をしよう
とは考えなかった、かもしれません。

 

小飼一至氏は、
ソムリエ協会会長を辞任されてすぐに
ご逝去されました。

 

ワインと共に生き、
ワイン普及に人生をかけられた、

私のような、
名ばかりソムリエにも

ワインを勉強する機会を設けてくださった、
私にとってのワインの恩師であります。

 

いまさらながらですが、
ワインへの興味を持たせてくれたことに
感謝を申し伝えます。

 

遅ればせながら、
私にできる方法で、
ワインの楽しみ、喜びを伝える役割を
担ってまいります。

 

 

いつもお読みくださり、
ありがとうございます。
※毎週火曜日に更新します。

 

2021.1.19

 

あなたのビジネスシーンを
1ステップ、スキルアップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA