国会議員の失言

2017.5.27

こんにちは、
おもてなし人材プロデューサーの
近藤みなこです。

新入社員研修のひとコマ

 

先日来、ある国会議員さんの
受動喫煙に関する発言
話題になっていますね。

「癌患者は働かなければいい」
という発言です。

この国会議員が失言をするのは、
今回が初めて、という訳ではなく

以前にも
女性議員へ
「自分が子供を産まなきゃダメ」
と言ったり、
巫女さんに対して
「巫女のくせに」と言ったり、
注目を集めたことがあるようです。

 

今回の
受動喫煙に関する釈明会見では、
「自分は何十年も家の中で
タバコを吸っているが、
家族から一度も
文句を言われたことがない

と発言し、
ヤフーニュースのコメント欄には
辛辣な意見があふれていました。

一部をご紹介すると、

「なんで言わなくていいことを
わざわざ言うんだろう」

「ぱっと口をついて出る言葉に
人間性が出る

などなど。

 

私は、言葉は人柄を表す
と思います。

ちょっとしたひと言にこそ
気持ちを込めて、
心を尽くして発するのが、

大人としての気遣いでは
ないでしょうか。

 

先ほどの国会議員さんの
発言を耳にすると

なんだか、
気分が澄み切らない、
心がスッキリしない、
心がモヤモヤする、

ような気持ちを持ってしまいます。

自分のひと言で
相手をモヤモヤさせていないか

改めて振り返る機会になりました。

 

2017.5.27

あなたのビジネスシーンを
1ステップ、スキルアップ〜

近藤みなこ
おもてなし人材プロデューサー
近藤みなこスキルアップ・ラボ主宰

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA