未来目線の女性、現実目線の男性

2016.4.27

こんにちは、おもてなし人材プロデューサーの近藤みなこです。

先日の喜々津ホームでの定例セミナーで、
とても面白い発見がありました。

13072299_1019962844776123_778467903_o

「新入社員さんについてどんな印象を持っている?」
というテーマでひとことずつ話してもらいました。

 

女性スタッフ
「芯のまっすぐな感じがしました」

女性スタッフ
「前向きに業務を覚えようとしているので、
いい社員になると思います」

女性スタッフ
「素直そう」

男性スタッフ
「見た目が若い」

男性スタッフ
「きびきびしている」

 

13072316_1019962858109455_1914796283_o

ここで、
女性と男性の視点が異なる ことに
気づいたのです。

 

女性は「〜そう」「〜っぽい」

男性は「〜である」「〜だ」

 

で答えています。

 

つまり、女性は

想像や可能性、
未来目線で語っていて、

男性は
現在のこと、事実を語っています。

 

未来目線の女性、現在目線の男性。

これが女性と男性の間に生じる
ミス・コミュニケーションの要因のひとつ
なんだろうな、と納得した次第です。

 

2016.4.27

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA