自分を客観的に見ると

2016.4.24

こんにちは、
おもてなし人材プロデューサーの
近藤みなこです。

 

”目で周りを見ることができるが、
自分を見ることはできない。
自分の声を録音すると
自分の思っている声と違う。”

あなたは、
ビデオなどに映った自分を見て、
こう思ったことはありませんか?

「これ、私・・・? うそ〜〜!

 

百道浜@藤館
↑熊本地震の前、博多駅の「藤館」で
「ももち浜ストア」のインタビューを受けたときの様子です。
地震対応のため、お蔵入りになりました。

 

「こんな表情なんだ」
「こんな
所作しているんだ」
「くせがあるなー」

「声!自分に聞こえているのと全然ちがうやん!」
(これは、空気伝導、骨伝導のため)

と思ってがっかりしますよね。

自分以外のことはよく分かるのに、
自分のことは全然分かってない・・・

 

今は、スマホなどの便利なツールがあります。

怖がらずに一度、
自分のお辞儀しているところ、
パソコン前に座っているところ、
食事をしているところなどを
動画か写真に撮ってみてはいかがでしょう。

私はセミナー前に毎回撮影しています。
(そしてショックを受けます・・・)

大きな気づきがありますよ。
そして、気づいた者勝ちです。

2016.4.24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA