スーパードルフィン

2020.6.16

こんにちは、
おもてなし人材プロデューサーの
近藤みなこです。

先日、正確に言うと
2020年6月14日、

かつての職場だった飛行機が
退役するということで、

福岡空港に行ってきました。

 

いるかマークの
「スーパードルフィン」という
ニックネームのついた飛行機です。

 

福岡空港に赴くこと自体、
いつぶりでしょう?

 

地下鉄駅を降りたところから、

私の知っている空港とは
まったく違っていて、

ちょっとさみしい気分に、、、。

 

展望デッキに
たどり着くまで、えらく
時間がかかりました。

 

しかし、4階まで
ふうふう言いながら階段を上がって、

8番ゲートにいる
「スーパードルフィン」を見て、

 

思い切って、出かけてよかった!

 

そう思いました。

早速写真を、、、

と思ったら、
スマホを家に置いてきていたことに
気づき、、、しばらく落ち込みました。

こちらは2018年に搭乗したときです
機内はコンパクトです

 

飛行機を目に焼き付けながら、

 

CAになったばっかりの頃の
うれしくてたまらなかったこと

ミスをして落ち込んだこと

 

後輩に伝えたいことが
なかなか伝わらなくて
コミュニケーションの難しさ
思い知ったこと、

もう名前も忘れてしまった、
先輩や後輩や、
顔見知りの空港スタッフの顔が
浮かんできたり、

 

いろいろなことを
思い出しました。

 

「スーパードルフィン」が
私の仕事の原点でした。

 

仕事とは、

だれかのために、
行動すること、仲間と協力し、
ひとつのことを作り上げることだ、

と学ばせていただいた、
飛行機でした。

ありがとうございました!

 

 

それにしても、
ここから見ていると、
メンテナンスばっちりで

まだまだピカピカなのに、、、

 

どんどん、新しくて燃費のよい
飛行機が登場するので、

退役しなくちゃ、なんでしょうか。

 

人間も、同じかも!
いつでもメンテナンスを行って、
若い方に負けないように
頑張ります。

 

いつもお読みくださり、
ありがとうございます。
※毎週火曜日に更新しています。

 

2020.6.16

 

あなたのビジネスシーンを
1ステップ、スキルアップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA