企業に利益が必要な理由

2019.5.7

こんにちは、
おもてなし人材プロデューサーの
近藤みなこです。

ゆふ号

 

企業に利益が必要な理由は?

もちろん、
企業で働く従業員へ、
労働の対価として
お給料を支払うため。

そして、
出資してくれた人へ
利益を還元するため。

以上の経済的理由、以外の
理由を探ってみましょう。

 

なぜ、
企業に利益が必要なのでしょう?

 

企業が
経済活動だけを実施すればよい

という時代は、
すでに終わっています。

 

いまや企業には、
経済的理由に加え、

・環境的な活動

・社会的な活動

このふたつが求められています。

具体的に「環境的な活動」とは
どのような活動でしょうか。

昭和の高度成長期には、
多くの公害が発生し、
人体への影響はもちろん、
自然環境にもダメージ
もたらしました。
高度成長の負の遺産です。

以来、企業活動を行う上では、
環境保全に配慮した活動が
求められています。

次に、「社会的活動」
どのような活動でしょうか?

ISO26000
これは、
社会責任(SR)に関する国際規格で、
企業の社会的責任に関するガイダンスで、
人権多様性の尊重などについて
記載されています。
企業は、このISO26000を参考に

社会的活動を行うことが
求められています。

企業を評価する際、
利益を表す経済的価値の他に、
環境面での結果(環境保全)
社会面の結果(社会への貢献)を加えた
3つの面から評価されます。

 

企業に利益が必要な理由、

それは、
環境保全活動や社会貢献への
費用が必要だから、です。

 

企業に与えられた社会的責任を
意識しながら仕事をすると、

地球人としての役割
認識できるかもしれません。

 

いつもお読みくださり、
ありがとうございます。
※毎週火曜日に更新しています。

2019.5.7

あなたのビジネスシーンを
1ステップ、スキルアップ

おもてなし人材プロデューサー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA