世界のモノサシと日本のモノサシ

2019.1.15

こんにちは、
おもてなし人材プロデューサーの
近藤みなこです。

大濠公園

 

昨年12月18日に発表された
世界経済フォーラムの報告書で

男女平等度、
日本またG7最下位

が、話題になりました。

今回は、この結果について
私なりの考察をしてみます。

 

経済・・・117位
女性管理職の登用で後れ。

教育・・・65位
高等教育就学の男女格差は
縮小しているものの、、、。
(2018年は医学部の女子学生への
入学阻害問題が発覚しました)

健康・・・41位
健康寿命と出生児の男女比で評価。
(2017年は1位だったのに、、、)

政治・・・125位
女性首相がまだ誕生していない。
日本では女性国会議員数が
依然として少ない。

特に、経済分野と政治分野での
男女格差が目立ちます。

 

ここからは、私個人の考えです。

私は、日本で生活する
日本人(女性・独身・子供なし)
ですが、

男女格差、感じたことないな〜

というのが本音です。

 

世界経済フォーラムのモノサシでは
日本は男女格差が大きい、となって
しまうのでしょうが、

男性の得意な分野、と
女性の得意な分野、は
はっきり違う、
だから男女半々の統計は

必要ないのでは??
と思うのです。

私の感性がおかしいのでしょうか?

なんでもかんでも男女半々、
でなくても、いいんじゃないの??

日本人の考え方を
世界に向かって主張しても
いいんじゃないのかな、と
思うんですけど。

 

いつもお読みくださり、
ありがとうございます。
※毎週火曜日に更新しています。

2019.1.15

あなたのビジネスシーンを
1ステップ、スキルアップ

おもてなし人材プロデューサー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA