組織変革に必要な3要素(3)

2018.12.3

こんにちは、
おもてなし人材プロデューサーの
近藤みなこです。

「私を怒らせた電話対応」
経営者の目線で、この事例を
考える3回目です。

↓1回目のブログはこちら。

電話対応で考える経営者側の課題

 

経営者のマネジメント能力
不足していると、
スタッフは期待しているような
働きをしてくれません。

解決策は、以下の3つ。

1)経営者がビジョンを示す
2)幹部を巻き込んだ仕組みづくり
3)時間をかける

 

今回は、
【3.時間をかける】

これについて考えてみます。
戦略的組織変革策、のひとつです。

時折、
「リーダーシップ」と
「マネジメント」の

違いはなんですか?

という質問を受けます。

 

リーダーシップとマネジメントの差は
ひとことで言うと、

時間をかけるか、短時間で行うか

この違いです。

 

つまり、
リーダーシップを発揮するには、
ある程度の時間が必要。

マネジメントには、
短期的な計画、人員配置、
問題解決、
ときにはリーダーの強制パワー

このようなものが当てはまります。

その場、その瞬間だけを
コントロールしていこう、

という
マネジメント重視の考え方では、

組織変革は遂行できません。

 

リーダーシップは、
変革を推し進める機能 です。

長期的ビジョンを
繰り返し繰り返し伝え、
メンバーがビジョンを理解するには
ある程度の時間が必要です。

 

もし、組織変革が必要だ、
と感じているならば、

あなた自身の
リーダーシップスキルが
充分なのか、適切なのか、
短期的視野で物事を判断していないか、

以上を見直すことから
始めてはいかがでしょうか。

 

いつもお読みくださり、
ありがとうございます。

2018.12.3

あなたのビジネスシーンを
1ステップ、スキルアップ

おもてなし人材プロデューサー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA