モチベーション理論⑤ 自己実現欲求

2018.11.9

こんにちは、
おもてなし人材プロデューサーの
近藤みなこです。

少し紅葉しています

 

「マズローの欲求段階説」解説が、
4つでストップしていました。

 

今日は、最後の欲求である
「自己実現の欲求」について
説明します。

 

自己実現欲求とは、
自分の求める欲求を
自分自身で手に入れる欲求。


自己の向上、あるいは

自己の潜在能力を実現したい、
という欲求。

 

のこと。

 

人間以外の生き物も
自己実現欲求を持っていますが、

人間以外の生き物の
自己実現欲求は、ただひとつ。

種を残すこと、だそう。

 

それに対し、
人間は、
たくさんの欲求を持って
生きている、といえます。

 

マズロー氏は、

①生存欲求
②安全欲求
③所属と愛の欲求
④承認欲求

ここまでを満たしていないと

⑤自己実現欲求 を
満たすことはできない、

と言っています。

 

①〜④の欲求のことを
「欠乏動機」と言います。

満たされていないと、
正常でいられなくなる、
動物として本能的に求める欲求。

①〜④の欲求は、
自分が努力して手に入れる
のではなく、

自分以外のものから
与えられる欲求、です。

動機、という点で考えると
外的要因で、叶えられる欲求

と言い換えることができます。

 

しかし、21世紀の日本では
①〜④の欲求が当たり前に
満たされているので、
4つの欲求そのものを忘れて
生活しています。

 

そうなると、登場するのが
【5】自己実現の欲求

この欲求は、
成長動機構成されています。

 

これこそが、自主的に
モチベーションを上げる要因
です。

自己実現したい=成長したい、
という欲求で生活する人は、

自分自身の成長に集中しています。

 

この欲求を追求する人こそが、
自分自身で
モチベーション管理ができる人、

と言えそうです。

 

マズロー氏は、
こう語っています。

「自己実現欲求を
維持し続けると、

自律的・独立的な人生を送る
ことができる」

私が、
自律し、独立した存在の人に

憧れを持つのは、

自己実現欲求を追求し、
自らモチベーション管理を
行っている人だから、なのか!

大変勉強になりました。

 

いつもお読みくださり、
ありがとうございます。

 

2018.11.9

あなたのビジネスシーンを
1ステップ、スキルアップ

おもてなし人材プロデューサー

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA