見知らぬ方への声のかけ方①

2018.9.15

こんにちは、
おもてなし人材プロデューサーの
近藤みなこです。

最近の飛行機には「禁煙」の表示はないんですね!

実は、、、

今年の4月から、
ある国家試験にチャレンジ中です。

目標を定めたら、
なるべく口に出して
周囲の人たちにアピールすることが
目標達成への近道、

とは、よく耳にしますが、

正直、

この国家資格の勉強は
私にとって、相当ハードで

「受験するのをやめようか」

「なんで、資格取りたいって
思ったんだろう」

などなど、

自分との戦い中です。

 

時間を見つけて
専門学校の自習室
通う日々が続いています。

自習室では、
資格取得を目指して、
いろいろな年代の男女
勉強をしています。

 

よく顔を合わせる2、3人とは、

「こんにちは + ニコリ」

と、ご挨拶するような間柄に
なりました。

直接的にお話するチャンスは
まだありませんが、

目標に向かって
共に頑張る仲間!

という気がして、
私的には、
非常に勇気づけられる
存在です。

 

さて、先日のことです。

いつものように、
私は自習スペースの扉をあけて、

学習机の前に座って

「今日も頑張るか。」と
集中力を高めていました。

すると、

3列前の斜め前の座席で
勉強をしている
40〜50代くらいの男性が
目に入りました。
見慣れない男性です。

その方は、
電子辞書を使っていました。

電子辞書を牽くたびに

ピコッ ピコッ ピコッ 

電子音がするのです。

 

その自習室は、

「電卓や音の出る物品は
使用禁止」

のルールのある部屋でした。

思わず私は、
周囲を見回しました。

すると、私以外の自習生も

ピコッ ピコッ ピコッ の音に

気がついたようでした。

・・・ここで、私は
ある行動に出たのです・・・。

そして、面白い結末を得ました。

 

(続く)

2018.9.15

あなたのビジネスシーンを
1ステップ、スキルアップ

おもてなし人材プロデューサー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA