災害で「人間らしさ」を考える

2018.7.13

こんにちは、
おもてなし人材プロデューサーの
近藤みなこです。

 

このたびの西日本豪雨で
辛い思いをなさっている皆さまに
心よりお見舞い申し上げます。

私にできる限りの援助と祈りを
実施します。

 

西日本豪雨が発生した深夜、

佐賀県を震源とする
震度4の地震が2度起こり、
福岡も揺れました。

久しぶりの震度3の揺れに、

もしかしたら、私が
次の被災者になるかもしれない

と、恐怖を感じました。

 

そう、
もしかしたら、私が
次の被災者になるかもしれない

この意識が大切ですね。
災害に備えた準備をします。

 

豪雨と地震で、
災害の恐ろしさを実感した翌日・・・

福岡市の中心街で
こんな可愛らしいタクシー
発見しました。

ピンクのタクシーです!

 

ネットで調べてみると、、、
何年か前から、
福岡市内で走っているようです。

その数、たった2台、だそう。

 

運転手さんも、もちろん女性。
もちろん、美人さんで
もちろん、笑顔100%!

私が写真を撮る間、
丁寧に停まってくださいました。
ありがとうございました♡

 

35℃のうだるような暑さと
災害への恐怖を抱えながら、

一服の清涼剤を得た、とは
このようなことを言うのだろうな、

と感じた次第です。

 

天候や災害に打ち勝つために
人間にできることは、、、

 

自分自身を含む周りの人々に
優しさを伝える行動をすること。

 

人間にしかできないこと、

・笑顔で励ますこと
・ハッピーになる声かけ
・人の気持ちに寄り添う

それこそが、
人間らしさ=マナー

なのかもしれません。

 

災害でダメージを受けている
皆さまの傷を
同じ時代を生きる日本人として、
共有いたします。

 

2018.7.13

おもてなし人材プロデューサー

近藤みなこ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA