オフレコはこの世に存在しない!

2018.2.27

こんにちは、
おもてなし人材プロデューサーの
近藤みなこです。

福岡空港国際線ターミナル
いつも観光客で大混雑しています

 

人生を過ごしていると、
「あのとき、あんなことがあったな」

など、懐かしく思い出すことが
増えるものですね。

先日、
高校の同級生が
フェイスブックで私を発見し、
連絡をくれました。

 

そして、再会したのです!

 

・・・ウン十年ぶりに
彼女と会ったのですが、

面白いことに、

 

「全然変わってな~い!」

 

見かけはもちろん、
年齢を重ねています。

でも、脳で相手を見ているので

歳を重ねても「あ、○○ちゃんだー」
と、わかるんだと思います。

 

私は、出身高校の近くに住んでいて、
今も変わらない制服姿で
登下校する女子高生を
ちょくちょく見かけるんですが・・・

自分でも「私、おかしいな笑」
感じることがあって、

 

それは、

登下校する女子高生を見て、、、

「あ!○○ちゃんだ」

と、同級生を思い出してしまうのです笑

 

自分は何十年も前に卒業したというのに、
今現在の女子高生を見て、
同級生だと思う・・・

おかしいですよね笑

 

前置きが長くなりましたが、

時代の流れとともに
かつては存在していなかった
新しい言葉が生まれ、

 

逆に使わなくなった言葉が
死語となって、
使われなくなっていきます。

 

先日、セミナーの中で
「この話はオフレコですが・・・」

と、講師の先生がおっしゃいました。

 

すると、私の隣りに座っていた
受講生(20代)は
オフレコ、の言葉の意味が
理解できなかったのでしょう、

ポカンとなさっていました。

 

オフレコとは、off record つまり、

記録していないから特別に話しちゃうよ、
内緒の話だからこの場にいる人だけで
共有してね〜、

というニュアンスで使うワードです。

 

ところが、今の時代、
オフレコ、の状態を作り出すことは
不可能に近い、といえます。

 

簡単に録音や録画ができ、
ツイッターやLINEや
その他いろいろなツールが、
私たちの生活を彩っています。

 

街中に防犯カメラが作動していて、
GPSが搭載された車に乗り、

多くの人が
スマホやタブレットを持ち歩いています。

 

オフレコ = ナイショだよ、
を信用すると恐ろしい事象
引き起こしてしまいかねません。

 

私も昭和後期の名残りで
ついついリップサービスが過ぎるので、
後悔することがあります。

もう一度書きます。

 

オフレコはこの世に存在しない!

 

2018.2.27

近藤みなこ
おもてなし人材プロデューサー
近藤みなこスキルアップ・ラボ主宰

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA