見た目? 評判? 使い心地?

2017.8.1

こんにちは、
おもてなし人材プロデューサーの
近藤みなこです。

早朝の福岡空港国際線

 

人の購買行動を分析した
面白いデータを見つけました。

人は、
なにか新しいものを購入する時、

見た目

・評判

・使い心地

これら3つのうちの
いずれかに反応して
購入する、という法則です。

 

<視覚優位タイプ>
見た目重視
購入するかどうか決める人。

このタイプの人は、
「きゃ〜!私の好きな色」
「こんなきれいなフォルム・・・」
「すごくコンパクト」

などなど、
見た目そのまま
購入の決め手になるそう。

 

<情報優位タイプ>
他者の評価口コミを重視して
購入するかどうかを決める人は、
情報優位タイプ。

「今、若い人の間で大人気」
「日本初上陸」
「今年一番、おすすめしたい
商品です」

などなど、
自分以外の人の評価
購入の決め手にするそう。

 

<触覚優位タイプ>
使い心地を重視する人は、
実際に手にとって
触感重量使い勝手
きっちり確認する
触覚優位タイプ。

 

あなたはどのタイプですか?

 

私は、
視覚優位タイプ
でした・・・が、
このごろ、自分の購買行動が変化
してきたな、と感じます。

 

家電や家具などは、
一度店舗に出向き、
「見た目が好みかどうか」と
「使い心地」を確認し、

インターネットの
口コミ欄を見て
「評判」を確認してから

最終的に購入に至る、

という購買行動を
しています。

ネットにあふれる口コミ投稿
なるべくたくさん読んで
商品を比較してから
購入するなんて・・・

遅ればせながら
情報化社会、を実感します。

「見た目」も「使い心地」も
「他者評価」も、
全てをクリアした商品
購入したい、という
私のような欲張りなお客さんは
確実に増えているでしょう。

 

その中でも
最も力を入れるべきは、

「情報公開」ではないかと、
ミナコ流に分析してみました。

 

2017.8.1

あなたのビジネスシーンを
1ステップ、スキルアップ〜

近藤みなこ
おもてなし人材プロデューサー
近藤みなこスキルアップ・ラボ主宰

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA