女性リクルーターに一言。

2017.4.9

こんにちは、
おもてなし人材プロデューサーの
近藤みなこです。

早朝の太宰府天満宮。

福岡の街中でも、
リクルートスーツに身を包んだ
若者達が行き交っています。

 

今日は、
女性リクルーターについて書きます。

 

彼女達にとって、
きっと生まれて初めての
リクルートスーツ。

親御さんが目にしたら、
「この子も一人前になったなぁ」
と、深い感慨を覚えることでしょう。

 

しかし、
私には、リクルートスーツを
着て街を闊歩していても、

やっぱり学生さん、

に思えてしまうんですよね。

 

スーツを着ている社会人と
なんら変わらない格好なのに、
なぜ「学生だ」と
分かってしまうのでしょう。

 

・スーツが新品である
・みんなお揃いの黒いバッグを持っている

などの客観的な事実もありますが、

私が思うところの理由は
以下のとおりです。

 

・表情が暗い。笑っていない。
・「リクルートスーツは、
就職したら絶対着ることはないんだけど・・・」
といったイヤイヤ着てます感が漂っている。
・スーツを着用しているものの、
メイクはいつものメイクのままだから。
・スーツを着用しているものの、
歩き方はいつもの歩き方だから。

 

いかがでしょう?
中身は学生さんなのに
外見だけ社会人の身なりをしても
簡単に見破られてしまうのです。

 

リクルート期間とは、
外見だけでなく、
中身も社会人としての
意識を持たせるための
準備期間なのかもしれません。

 

2017.4.9

 

あなたのビジネスシーンを
1ステップ、スキルアップ〜

近藤みなこ
おもてなし人材プロデューサー
近藤みなこスキルアップ・ラボ主宰

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA