テレビに映る自分の姿からの気づき

2017.1.12

こんにちは、
おもてなし人材プロデューサーの
近藤みなこです。

先日、TNC「ももち浜ストア」の
取材を受けました。

貴重な経験でした。
応援してくださった皆さま、
ありがとうございました!

ケン坊田中さん、ありがとうございました。

 

常日頃から、
自分を客観的に観るように
トレーニングしているつもりですが、

テレビの中で動く自分を見ると、

「こんなふうに見えているんだ・・・」

と、改めて気づかされました。

 

私は、前髪を触るくせがあるので、
絶対、前髪がじゃまにならない
髪型にすることで髪を触る行動を
予防しているのですが、

番組を観てがっかり。

この写真を見てください。

おでこの辺りに
うっすらと髪の毛が

・・・ほわほわ動いています。

確かに、前髪を触る所作は
防止できていますが、
「身だしなみ」の観点では

100点、ではありません。
前髪がほわほわしている状態では、
話の内容よりも、
髪の毛がほわほわしている部分に
目線が行ってしまい、

話がストレートに入ってこない、
危険性があります。

 

繰り返しますが、

テレビで自分を客観視するまでは
自分の髪型に不足はない、
と思っていました。

しかし、どうでしょう。

必ずしもいい印象を与えられて
いない部分があることが、
明らかになりました。

自分では「やってるつもり」でも
周りからみると「できてない」という
評価が下される場面は、

自分が思う以上に
多く存在しているのかもしれません。

・・・ということで、
私のビジネスマナー講師としての
初めてのテレビ出演から、

自分を客観視することの大切さを
再確認しました。

今は、スマホやカメラの動画機能で、
昔よりも気軽に自分の姿を
客観視できるようになりました。

あなたも、これらの機器を使って、
ご自身を客観的に眺めてみませんか?

2017.1.12

〜あなたのビジネスシーンを
1ステップ、スキルアップ〜

近藤みなこ
おもてなし人材プロデューサー
近藤みなこスキルアップ・ラボ主宰

1/5 TNC「ももち浜ストア」ご飯にあう〜!!

笑顔の人 櫻井よしこさん

みなこ流 笑顔トレーニング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA