大谷翔平投手のビジネスマナー解説。

2016.9.30

こんにちは、
おもてなし人材プロデューサーの
近藤みなこです。

 
わたくし、9月21日の
ファイターズ対ソフトバンクの
今シーズンの大一番を
観戦したのであります。(キリッ)
14550759_1641039029521446_1938454103_o

 

 

私は、ソフトバンク・ホークスの
ファンです。
しかし、今回の観戦目的は・・・

大谷翔平選手!
14467044_1641039422854740_345374829_o

 

私は現在、
そんなにプロ野球ファンでは
ないのですが、たまたま
7月3日のファイターズ対ホークス


「1番バッターにしてピッチャー」
という、高校野球のような
シチュエーションの試合を
拝見したことで・・・

 

現在は、yahooニュースでは
必ず大谷翔平選手に関わる
ニュースをチェックする、

大谷翔平ファンになったのでした。
(キリッ)
14513571_1641038836188132_811526825_o

 

そして今回は、全面的に
大谷投手を応援するスタンスで
満を持して、応援に駆けつけた
のでした。

 

大谷投手の一挙手一投足を
ぜーんぶ見ました。(キリッ)

野球のルールに、
さほど詳しくない私でも、
大谷投手のマナーの良さに
心惹かれました。

テレビ中継では伺えない、
野球場でしか目にすることの
できないシーンをたくさん
目に焼き付けることができたのです。

 

大谷投手にとって、
マウンドは
ビジネスの場。
大谷投手のビジネスマナーを
検証してみましょう。

 

その①
審判からボールを受け取る時に
必ず帽子を取り、会釈をする。

大谷投手はマウンドで、
よく
帽子を取るな、
と思っていたのですが、
そこには、こんな理由が
隠されていたのですね。

 

「審判に敬意を払う。」

そう、
ビジネスマナーを教えていて

感じるのは、

「相手への敬意を払う、という
気持ちはあるのに、
行動や言葉で示すことができて
いない・・・」

 

おそらく、大谷投手以外の
ビッチャーも、
審判への敬意を抱いていること
でしょう。
しかし、脱帽し会釈するという
行動が伴っていないので、

敬意を示せていないのだ、
と思います。

気持ちは行動や言葉にしないと
通じないよ、ということを
大谷翔平投手は教えてくれました。

 

その②以降は
次回か次々回に。
14455741_1638221299803219_1019631266_o

 

2016.9.30

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA