「あの人にしか分からない」はムダ★見える化の旗振り役は経営者であるべき。

2021.12.21

こんにちは、
おもてなし人材プロデューサーの
近藤みなこです。

飛行機雲に見えますが、室内のあかりです。

 

ある企業さんの事例です。

その会社のAさんは、
「B社の案件についてのエキスパート」

と、社内で認められています。

 

Aさんは、私にこのようにおっしゃいました。

 

「B社の案件について、
私以外の人に任せられないので、

もし問い合わせがあったときに備え、
昼食もゆっくりとれないんです。

トイレ休憩もありません。」

 

専門性が高いと、
「Aさんじゃないとわからない」

「Aさんに任せておけば安心」

「AさんはB社のエキスパート」

と、Aさん以外の社員さんが
B社に関して関心を寄せなく
なっている状況です。

 

会社にとって、
Aさん=専門性が高いエキスパートの存在は
必要不可欠な人材でしょうか?

 

 

 

今後、専門性の高いエキスパート社員は
少なくなっていくと予想します。

 

理由はいくつもあります。

・AIの発達
・働き方の多様化
・人的パワーの有効活用
・情報共有

 

Aさんは、
「トイレにも行けないほど忙しい」
この状態を嘆く前に、

B社の情報を他の社員と
共有することを始める必要があります。

 

マニュアル化して、だれにでもわかる、
つまり見える化することです。

 

しかし、
Aさんは目の前の仕事に謀殺されています。

おちおち、マニュアルを作成する
時間を創り出すことはできないでしょう。

 

時間を創りだし、
見える化の推進をするのは、

Aさんではなく、経営者の仕事です。

 

経営者が将来を見据えた行動を
することが、

Aさんや他の社員さんの
幸せな働き方を叶える、

唯一の方法だと思います。

↓こちらもお読みください。
ポリバレントな大谷選手から考える社員像 ★AIにはできない人間らしさを追求する社員になろう

目に見えないもの

 

2021.12.21

 

〜あなたのビジネスシーンを
ステップ、スキルアップ〜

近藤みなこ
おもてなし人材プロデューサー
近藤みなこスキルアップ・ラボ主宰

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA