食べるは生きる!

2020.5.19

こんにちは、
おもてなし人材プロデューサーの
近藤みなこです。

 

毎日、
暗い話題で埋め尽くされています。

私は、極力テレビを付けずに

なるべく、
するべきことに集中する環境を
つくっています。

豆苗、育成中!

 

巣篭もり生活が続くと、
食生活が生活の
大部分を占めるんですね〜!

 

もちろん、なにを食べるか、
がメインテーマではありますが、

どのように食べるか、

どの器で食べるか、

どのように飾り付けるか、

食べ終わったあとは、

どのように片付けるか、

いつ片付けるか、

次の食事の準備はどうするか、

いつ、買い物に行くか、

いつ、どこで、何を買うか、、、。

 

改めて、
365日、買い物に行ってくれていた

母に感謝、ですね。

 

「巣篭もり生活で、
改めて奥さんに感謝の
気持ちを抱いた」

 

とおっしゃる方が
たくさんいらっしゃいます。

 

食べることは、生きること。

 

そして、

家族が、もっとも
コミュニケーションの場として
活用できるのが、
食事の時間。

 

今しかできない、
貴重な時間、と
いえるでしょう。

 

新型コロナの影響で、

コロナ以前とコロナ以後の
線引きが明確になる中、

 

家族の在り方、
家族とのコミュニケーション方法は、

 

避けては通れない、
重要な転換点だといえます。

 

意識しなくても、
のちのち振り返ったとき、

 

家族のターニングポイントが、
この新型コロナ直下の
今の時間であった、と、
認識することがあるのでは
ないかと、予感します。

 

いつもお読みくださり、
ありがとうございます。
※隔週火曜日に更新しています。

 

2020.5.19

 

あなたのビジネスシーンを
1ステップ、スキルアップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA