組織変革に必要な3要素(2)

2018.11.30

こんにちは、
おもてなし人材プロデューサーの
近藤みなこです。

朝の天神

 

「私を怒らせた電話対応」
経営者の目線で、この事例を
考える2回目です。

↓1回目のブログはこちら。

電話対応で考える経営者側の課題

 

この事例に限らず、
社員さん(あるいは後輩)が
期待する働きをしてくれない・・・

根っこにある問題は、
経営側の原因です。

踏み込んで言うと、

経営者のマネジメント能力
不足しているのです。

解決策は、3つ。

 

1)経営者がビジョンを示す
2)幹部を巻き込んだ仕組みづくり
3)時間をかける

 

今回は、
【2. 幹部を巻き込んだ仕組みづくり】

これについて考えてみましょう。

カッコイイ言葉でいうと
戦略的組織変革。

 

あなたの会社の
業績が悪化し、
危機的な状況を迎え、

組織変革の必要性が生じていて、

 

「我社はこれから
戦略的組織変革を実施します」と

経営者なり経営幹部が
宣言したとすると・・・

十中八九は
抵抗にみまわれるでしょう。

 

組織行動論の考え方では
社員さんが抵抗することは、
しごく当然だ、と言っています。

その理由には、以下の2つが
考えられます。

変革にはお金がかかるから。

 

今の状態に満足しているとき、
この状態を維持しよう、
と考え、
これ以上優れたものを手に入れたい
という動機づけは失われるから。

このような抵抗を回避するためには、
経営者側のリーダーシップ
不可欠です。

リーダーシップとは、
・長期敵なビジョンの提示
・ビジョン伝達によるメンバーの統合
・メンバーの動機づけ

変革を推し進める機能、と
言われています。

 

変革を決断する前に、
経営者自身のリーダーシップが
充分かつ適切であるかどうかを
見極める必要があると言えます。

 

いつもお読みくださり、
ありがとうございます。

 

2018.11.30

あなたのビジネスシーンを
1ステップ、スキルアップ

おもてなし人材プロデューサー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA