カリスマ的リーダー 今むかし

2018.12.27

こんにちは、
おもてなし人材プロデューサーの
近藤みなこです。

JR金沢駅の立派な門

「カリスマ美容師」

「カリスマアイドル」 

いろいろな「カリスマ」が
もてはやされた時代が
ありましたよね〜。
あれは2000年代だったでしょうか。

 

現在でも

「カリスマ経営者」

「カリスマリーダー」

という言葉を耳にしますが、

2000年代に使っていた
「カリスマ」と
現在の「カリスマ」では、

若干意味が異なるようです。

 

ここでは、「カリスマリーダー」
について、調べてみます。

ひとむかし前のカリスマリーダーは、

リーダーシップの源泉が、
フォロワー(=支持者)に対して
深く尋常ではない影響を及ぼす
リーダーの個人的な資質にある。

たとえば、
リーダー自身の行動や姿勢に
自信があふれ、確信をもって
フォロワーに達成すべき目標を示し、
それに至る道筋を提示する手法

 

一方、現代の「カリスマ」は、
「変革型カリスマ」とも呼ばれる。

不透明な状況下でのリーダーの
組織文化や戦略に対する変革力
に注目し、

フォロワーとの相互依存的な関係を
重視することで、
積極的に
フォロワーの信念やニーズ、価値を
リーダーが望む方向に
入れ替えようとするのが特徴。

 

つまり、フォロワーの考え方を
自分と同じように仕向けていくスキル
が必要、ということ。

 

人を動かすためには、
自分の信念がゆるがないことが
ポイント。

例えば、
カリスマスポーツ選手
といえば、
大谷翔平選手。

カリスマ経営者、といえば、
稲森和夫氏孫正義氏、

などが頭に浮かびます。

 

いずれの方がたも
信念を持って行動し
信念に感銘した人びとが
影響を受け、行動を変え、
結果、周囲を巻き込んだ
変革が起こる。

「二刀流」はありえない、と
言っていた人たちの言動変化

JAL社員を巻き込んだ組織変革など

周囲をどれだけ巻き込んでいくか、
自分の信念をどのように浸透
させていくか、、、これが

現代のカリスマリーダーに
必要な要素、と言えそうです。

 

いつもお読みくださり、
ありがとうございます。

 

2018.12.27

あなたのビジネスシーンを
1ステップ、スキルアップ

おもてなし人材プロデューサー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA