リーダーシップ行動類型論

2018.12.24

こんにちは、
おもてなし人材プロデューサーの
近藤みなこです。

懐かしい写真@利尻島 2000年ごろ

 

仕事上、
比較的若い年齢の
経営者やリーダーから

相談を受けることがあります。

 

お悩みの内容は、

「自分より年上の部下との
コミュニケーションの取り方」

「入社してすぐの社員と
速やかに信頼関係を結びたい」

「部下が自分を信頼してくれているか
自信がない」

などなど。

今も昔も、
リーダーは人間関係に
時間を割き、
職場環境を整えることが

最大の仕事であることが
よく分かります。

 

リーダーシップの行動類型論

について、解説します。

これは、
リーダーシップを「個人の資質」ではなく、

行動パターン」から類型化したもの。

 

組織で決定するべき事項を
どのように決定するか、を
以下の3タイプに分類しています。

①民主型
リーダーは援助し、
集団で討議し決定する

②独裁的
リーダーが独裁的に決定する

③放任型
個々人が自由決定する

①〜③、分類するまでもなく、
①民主型リーダーシップが
もっともすぐれているのは、
すぐに分かります。

 

しかし現実には、②や③を
当然のように選択する組織も
あります。

なぜ①が望ましい、と
理解しているのに、
②や③をチョイスしてしまうのか?

 

それは、

1)組織の成熟度合い
・メンバーが互いに引き合っているか。
・全メンバーが団結しているか。
・メンバーが積極的か。
・メンバーが組織に満足しているか。
・過去の成果に満足しているか。

2)リーダーの成熟度合い
・リーダー自身が役割を認識しているか。
・部下の役割を認識しているか。
・部下の感情への気配りや
部下のアイデアを尊重するなど、
職務上の関係を持っているか。

この2点を満足させていないから、です。

 

1)と2)、どちらも大切ですが、
若いリーダーがまず取り掛かるべきは、
2)です。

1)は、各メンバーのスキルの差が、
関わっていますが、
2)は、リーダーが変わることで
早急に身につけることのできる
部分だからです。

 

自分が変わることで、
組織も変わってきます。

組織を変えたいのなら、
まず自分を変えること。

その逆は、ありません。

 

いつもお読みくださり、
ありがとうございます。

 

2018.12.24

あなたのビジネスシーンを
1ステップ、スキルアップ

おもてなし人材プロデューサー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA