福岡市で暮らす魅力を伝えたい その①

2018.10.27

こんにちは、
おもてなし人材プロデューサーの
近藤みなこです。

私は、

母親の実家のある京都市で生まれ、
最も「不良」の多かった時代の
(不良のスカートが長い時代です)

北九州市戸畑区で育ち、

福岡市の高校に入学、
大学時代と、成人し社会人になってから、
人生のおおむねを
福岡市で過ごしてまいりました。

マリゾンから海の仲道をのぞむ

転勤で、
関西国際空港のある、
大阪府泉佐野市に2年半、

神奈川県横浜市
東京都大田区に合計3年、

 

それ以外は、
ずーっと福岡市で暮らしています

 

福岡市で生活して大半なので、
贔屓目ですが、

福岡市は、とても暮らしやすい街、
なんです。

 

福岡の人は、
よそから来た人が
「福岡がとても住みやすいので、
マンションを買いました」 とか

「福岡での生活が
あまりにも快適なので、
単身赴任をやめて、
家族を呼び寄せました」

などのコメントを聴くのが
大好きです。

 

福岡のことを褒められると
福岡の人は、
それはそれは喜ぶのです。

 

福岡市の魅力はたくさんありますが、

なかでも私が感じる、
「住みやすさ」のポイントを3つほど
ご紹介します。

 

ポイント1

福岡市では、
ゴミの収集が夜間にあります。

つまり、
ゴミを出すのは夜 でいい。

これは、大変便利です。
(もちろん、回収業者んにとっては、
負担の大きい作業であることは
理解しています)

 

ポイント2

さて、その「ゴミ収集」ですが、

私は東京に住んだとき、
ゴミの分別の細かさに、
相当びっくりしました。

毎週毎週、
東京都民は、あのような
煩わしいゴミ分別作業をしているのか、

と思うと、頭が下がります。

 

福岡では、

「燃やせるゴミ」「燃えないゴミ」

このふたつの分別でいいんです。

 

高性能のゴミ焼却炉を持っているから
だそうです。

ありがたいことです。

 

ポイント3

福岡市の自慢のひとつ、
空港と市街地が10分以内で
結ばれていること。

これについては、
また次回お話いたします。

 

2018.10.27

あなたのビジネスシーンを
1ステップ、スキルアップ

おもてなし人材プロデューサー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA