ポリティカル・コレクトネスをご存じですか?

2017.7.27

こんにちは、
おもてなし人材プロデューサーの
近藤みなこです。

ANAのCAさん!

 

ポリティカル・コレクトネス、
(=political correctness)
という言葉をご存じですか?

 

Wikipediaによりますと、
ポリティカル・コレクトネスとは、

政治的・社会的に
公正・公平・中立的で
なおかつ
差別・偏見が含まれていない
言葉や用語のこと。

職業・性別・文化・人種・民族・
宗教・ハンディキャップ・年齢・
婚姻状況などに基づく
差別・偏見を
防ぐ目的の表現、
およびその概念、のこと、とあります。

ミナコ流にすっきり言うと、
差別や偏見が含まれない
中性的な言葉、
ということになるでしょうか。

 

具体的に言いますと、
かつて、女性の看護師さんのことは、

看護婦さん

男性の看護師さんのことは、

看護士さん、

と呼んでいました。

 

しかし、
今は男女差が発生しない呼び方、

看護師さん、

に統一されています。

 

私が客室乗務員になった頃
(平成9年、1997年)、

スチュワーデスさん

という呼び名から、

キャビンアテンダント(=CA)

あるいは、

フライトアテンダント(=FA)

という呼び名に変更しつつある
途上の時期にあったと
記憶しています。

・・・いつの間にか、
フライトアテンダントは消え、

現在は「CA(シーエー)さん」
に統一されましたね。

 

 

さて、
21世紀の今、
上記のWikipedia解説のとおり

様々なポリティカル・コレクトネスが
当然のように用いられるようになりました。

ビジネスマンは、ビジネスパーソン

保母さんは、保育士さん

セールスマンは、セールスパーソン

あんぱんマンはあんぱんパーソン?
・・・いえいえ、
あんぱんマンや
ウルトラマンは
固有名詞ですので
そのままでOK。

 

 

社会人として、
どんな言葉をチョイスするかは、
その後のビジネスを左右する
大切な要素です。

ポリティカル・コレクトネスを
意識した言葉遣いを
今すぐ取り入れてみませんか?

新しいビジネスシーンが生まれる、
かもしれません。

 

 

2017.7.27

あなたのビジネスシーンを
1ステップ、スキルアップ〜

近藤みなこ
おもてなし人材プロデューサー
近藤みなこスキルアップ・ラボ主宰

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA