脱イエデンと電話対応②

2017.6.24

こんにちは、
おもてなし人材プロデューサーの
近藤みなこです。

 

海と空って
なんでこんなに
美しいのでしょう。

 

前回は、
新入社員研修で気づいた
イエデン(=おうちの電話)
なくなることに伴う
新入社員さんへの
研修の仕方、変化について
お話ししました。

 

もうひとつ、
イエデンの消滅によって
失われたことになる、
ある現象があります。

 

それは、
イエデンの対応から
学んでいた
電話対応の仕方のこと。

 

具体的にお話ししますと、
小さい頃、
自宅にかかってきた
電話に、
が出て

普段聞いたことのないような
ものすごく明るいよそ行きの声で、

普段聞いたことのないような
ものすごく丁寧な言葉遣いで、

対応をしていたこと。

 

母は、
電話がかかってくる直前まで
我々3兄弟を叱りつけていた
というシチュエーションも
ありました。

ところが、
プルルルル・・・プルルルル・・・
と着信音がした途端、

母は「ウ、ウン」と咳払いをして
喉の調子を整え、

「はい、近藤でございます」

と、日常生活では
耳にしたことのないような
美しい発声で、
電話にでていました。

 

そして、
お友達におうちに
電話をかけた際にも、

お友達のお母さんが、
明るく、
ゆっくりとした、
はっきりとした口調で、

「はい!○○でございますっ」

と、電話に出てくださいました。

 

もしかしたら、
私や私の世代の女の子たちは、

自分の母や友達のお母さんの
電話対応から、
電話を受ける際に、
どのように

感じのよい印象を与えられるか・・・

 

丁寧に感じよく、分かりやすく
対応することの大切さを
学んでいたのかもしれません。

 

2017.6.24

あなたのビジネスシーンを
1ステップ、スキルアップ〜

近藤みなこ
おもてなし人材プロデューサー
近藤みなこスキルアップ・ラボ主宰

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA