声の印象と実際の印象

2017.6.15

こんにちは、
おもてなし人材プロデューサーの
近藤みなこです。

中学生に職業講話
みんなおめめキラキラ

 

先日、
私のホームタウンである福岡とは
離れた土地の
クライアント様のところで
セミナーをさせていただきました。

福岡から新幹線で2時間かかる
ところでしたので、
打ち合わせで担当者さまに
お目にかかることはなく、
すべて電話とメールでの
打ち合わせをしました。

それで、
何度も電話でお話をさせていただき、
私の頭の中では、
その方のイメージ画像
浮かんでおりました。

(ちなみに
私はプロフィールを送って
いましたので、
先方は私の姿かたちを
すでにご存知の状況です。)

 

私の頭の中で、
その担当者さまは、

・メガネをかけている
・背が髙い
・ちょっとぽっちゃり
・色が白い
・声が大きい

などなどの情報を
なんでなのか分からないまま
インプットしておりました。

 

で、当日。

担当者さまを目の前にして

「あれれ!
先日からお電話していたのは
この方??」

という、印象でした。

私の想像していた人物とは
まったく、と言っていいほど
異なっていたんです。

 

うーん。
声だけの印象と
実際の印象って、
こんなに違うんだ・・・

と思ったエピソードでした。

自分の基準

声のトーン
話すスピード

声の大きさ
方言の使い方

などなどから、

自分が
これまで会ったことのある人物に
当てはめて

相手の印象を決めてしまう・・・

これって、
人間の習性なのでしょうか。

 

自分のものさし
物事を決めつけず、
視野を広く持って
物事を受け入れる姿勢が
大切だな、

と思った経験でした。

 

しかし、
声の印象と実際の印象が
異なれば異なるほど、
その人物に惹きつけられる
ような気もいたします。

 

2017.6.15

あなたのビジネスシーンを
1ステップ、スキルアップ〜

近藤みなこ
おもてなし人材プロデューサー
近藤みなこスキルアップ・ラボ主宰

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA