声かけ不要・・・でも可?

2017.6.3

こんにちは、
おもてなし人材プロデューサーの
近藤みなこです。

福岡ドームの屋根がオープンしていました
どあらだよ〜

 

こんな記事を見つけました。
あなたはこの施策に
「賛成」それとも「反対」?

以下は、JCASTニュースの抜粋です。

アパレル店員
「声かけ不要」バッグに賛否

買い物は自分のペースでしたいから、
店員には「声をかけて欲しくない」。

そう考える客の要望に応えるため、
セレクトショップの
「アーバンリサーチ」が
試験導入したサービスが
話題を呼んでいる。

それは、
「声かけ不要」の意思表示ができる
店内用のショッピングバッグ


アーバンリサーチの担当者は、
「個々のお客様のニーズを
可視化することで、

より良い接客サービスを提供できる」
と、導入の狙いを語った。

・・・ということで、
出張先の岡山で、
アーバンリサーチのお店に
行ってみました。

ブルーのショッピングバック

 

ブルーのビニールバッグ
売り場の入り口で
配布されていました。

このバッグを持っていると、
店員さんは話しかけてこない、
というルールのよう。


しかし、店内にいたお客様で
このバッグを手にした人は
見当たりません。

まだ、サービスが
浸透していないからでしょうか。

私も、バッグを受け取らず
店内に入りました。

このバッグを持っていないお客様は
店員さんとのコミュニケーションを
期待して来店している、と
みなされるのか、

いつもより店員さんからの
アプローチが多かった
ように感じました。

「このお客様は、
店員との会話を期待している」との
確信があれば、
店員さんとしては、
自信をもって接客できますね。

ただ、
このサービスを定着させてしまって
いいのでしょうか?

店員さんからの声かけが
うっとうしいことは、
正直
あります、よね?

そんなときは
「今日は見るだけです。
ありがとう」

とニコッとしながら
さらっと言ってしまえば、

店員さんは
「失礼しました」と言って
遠さかってくれます。

 

そんなコミュニケーションも
持ちたくないときは、
インターネットを活用
すればいいわけですし。

お店に行ったら
「いらっしゃいませ」
迎えてくれて

個々のお客様の
表情態度
声の口調などから
心理を観察し、

商品以外の付加価値を高める
のが、

店員さんの役割なのにな、

商品を販売するだけなら
無人ショップを作ってみたら?

と、もやもや感じたのでした。

 

2017.6.3

あなたのビジネスシーンを
1ステップ、スキルアップ〜

近藤みなこ
おもてなし人材プロデューサー
近藤みなこスキルアップ・ラボ主宰

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA