エレベータでのコミュニケーション

2017.4.15

こんにちは、
おもてなし人材プロデューサーの
近藤みなこです。

小倉城と市庁舎。私には懐かしい風景です。

 

エレベータの中で、
あなたはどの位置に立つことが
多いですか?

たいていのエレベータには
乗り込んで左手に
行き先階ボタンパネルがありますが、

私はだいたい、ボタンパネル前を
陣取ります。

・・・昔から、
「開」「閉」ボタンを操作するのが
好きなのです笑

余談ですが、何かのアンケートで、
エレベータボタン操作をしたがる人は、
「目立ちたがりや」「主役が好き」
と書かれてあって、
まさに私のこと!と思った次第です。

 

さて、
エレベーターを降りる際に
ボタンパネルを操作している私に
対して、

「ありがとうございます」
「ありがとう」
「恐れいります」

などと、ひと声かけて
降りて行かれると、
うれしい気持ちになります。

 

もちろん私は、
感謝されることを期待して
ボタン操作をしている訳ではない
のですが、

自分の行動に対して
「ありがとう」と言われると、
素直にうれしいのです。

 

今までの私は、
「ありがとう」を
受け取るだけでしたが、
この度、ひとつの目標
たてました。

 

それは、
お礼を言われたら、

アイコンタクト+笑顔を返す!

というものです。

 

なぜこのような目標を
たてたかというと。・・・

コミュニケーションは、
キャッチボール。

私が、ボールを返すことで、
「ありがとう」と
言ってくださった方も

うれしい気持ちになるかな、
と思ったからです。

 

若い頃には考えもしなかった、
エレベータでのコミュニケーション。
ほんの1秒か2秒の
コミュニケーションが
楽しめるほど、
私も年齢を重ねた、
ということでしょうか。

 

2017.4.15

 

あなたのビジネスシーンを
1ステップ、スキルアップ〜

近藤みなこ
おもてなし人材プロデューサー
近藤みなこスキルアップ・ラボ主宰

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA