聞きたくなくても聞こえちゃうアナウンスの怖さ

2017/4/3

こんにちは、
おもてなし人材プロデューサーの
近藤みなこです。

早朝の太宰府天満宮。だれもいません。
掃除中です笑

 

続・アナウンスの役割、について
書きます。

前回、アナウンスとは、
耳から否応なく入ってくる情報で、
人間は誰もが
耳を塞ぐことができないので、

自分がサービスの発信者である場合、
大変注意を払わなければならない
項目である、と
お伝えしたところでした。

そう、
耳から入ってくる情報は、
目から入ってくる情報と比べると

はるかにリスクの高い情報です。

なぜなら、
否応がなく入ってくるからです。

目から入ってくる情報は、
目を瞑れば遮断されます。

しかし、耳から入ってくる
サウンド情報はどうでしょうか?

・・・ イヤホンをして、
意識的に遮断しても、
100%遮断できるかどうか
疑問です。

 

 

アナウンスをする職業の方は、
サウンド情報の特性
理解しておく必要があります。

サウンド情報の特性とは、
聞きたくない人にも
聞こえてしまう、 ことです。

アナウンスは、
上手な人が実施するのが
顧客満足を叶える方法だ、

と、私は考えます。

機内でも、電車でも、救急車でも
どうせ耳にするなら
上手なアナウンスを
キャッチしたいです。

複数のスタッフがいる際には、
上手な人がアナウンスするルール
決めておいてもよろしいかと
思います。

そのくらい、
アナウンスが与える
顧客満足度は大きい、
と認識しておきましょう。

 

2017.4.3

 

あなたのビジネスシーンを
1ステップ、スキルアップ〜

近藤みなこ
おもてなし人材プロデューサー
近藤みなこスキルアップ・ラボ主宰

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA