久留米の居酒屋さんでのある体験②

2017.1.30

こんにちは、
おもてなし人材プロデューサーの
近藤みなこです。

どこかに私が映っています

 

今回は、2017.1.27の続きです。

久留米名物の焼き鳥を求めて、
ひとりで居酒屋を訪れた話の
続編です。

google口コミで
『このお店、大正解!』
『大将さすが!』 という
評価を得ているお店の

その大将とは、いったいどのような
人物なのか、非常に興味を抱き
のれんをくぐった次第です。

ファーストインプレッションは
最高でした。

「いらっしゃいませ」と
明るく元気で感じのよい声で
迎えてくれたこと。

一人なんですが・・・と遠慮がちに
伝えると、

「大歓迎ですよ」

と言って、カウンターの特等席に
案内してくれました。

お店を見回すと、私の他には
お客様は・・・1人。

「今日は寒いし、月曜日だから
お客さんが来てくれて有難い」と
おっしゃいました。

福岡から来たことや
なんやかんやをお話していると、

ほんの15分くらいで、
およそ50席くらいの

そのお店は満席になったのです!

・・・実は私、福の神的現象を招くことが
ありまして、
私がお店に入ると、続々とお客様を
呼んでしまう、ということが度々あります。

(失礼しました、話が逸れました。)

 

そして、ここからが感動ポイント。

大将のマネジメント力に
圧倒されたのです。

アルバイトさんが4人いましたが、
そのうちの2名は日本人では
ありませんでした。

留学生でしょう、
注文を取るときや
オーダーされたお皿を運ぶ際に
スムーズにいかない場面が
見受けられました。

そんな時、大将は
刺身を切りながら、的確な指示を
出すのです。

また、
リーダー的なアルバイトさんに
「○○さんの動きをよく見て」
などと、彼のマネジメント力を
引き上げるための声かけを
忘れません。

大将の動きは、
他のスタッフと比べ物にならない
ほど機敏で、笑顔を絶やさず、
常に大きな明るい声を
発しています。

見ていて、気持ちのいい
働きっぷりでした。

お会計の前には、
こんなことを話してくれました。

「このお店は24年になるけど、
奥さんがいなかったら
やっていけなかった。
ものすごく感謝しているんです。」

奥様は厨房にいらっしゃるようでした。

久留米の居酒屋さんで、
マネジメント力について学ぶなんて
思ってもいませんでしたが、

素晴らしいリーダーを発見しました。

久留米に出張したら、
泊まりでなくても、また行こう!と
決めました。

 

2017.1.30

〜あなたのビジネスシーンを
1ステップ、スキルアップ〜

近藤みなこ
おもてなし人材プロデューサー
近藤みなこスキルアップ・ラボ主宰

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA