フランス式に年齢を重ねる。

2016.11.27

こんにちは、
おもてなし人材プロデューサーの
近藤みなこです。

にしてつ柳川駅 美しいフォルム
にしてつ柳川駅
美しいフォルム
なっとく。
なっとく。

 

先日、福岡で不動産関係の
お仕事をなさっている、ある社長様の
講話を拝聴しました。

その方の人生をレビューする形で
お話を進められていましたが、
現在60歳で、これからのことを
お話になる際の表情が

いきいきして
口調も楽しげで
テンポが早く

「あ、これからの人生を
喜びを中心に考えてお過ごしになる
決意なんだな」と感じました。

 

E講師がおっしゃっていたことで
心に響いたのが、

「日本人は、
年齢を重ねることに対し

”年相応”と考える。

これに対し、欧米人は、
年齢を重ねることを
”自由に人生を
楽しむことができる年代

になる”と捉える」

 

なるほど、なるほど。
私は、フランスかぶれで、
カトリーヌ・ドヌーブや
ジャン・レノの映画は

ほとんど観ております。

フランス人というだけで
リスペクトしてしまう笑
ミーハーであります。

 

パリ好きなので、
学生時代から
度々パリを訪れております。

パリに到着したら、
ルーティンで訪れる場所が
決まっています。

 

例えば・・・
まず散歩するのが、
かつて岸惠子さんが
お住まいだった

アパルトマン周辺。

次に、
世界的に
有名なフローリストのお店を周ったり、

ユダヤ人街やアフリカ人街を
散策するのも毎回のこと。

ルーブルやオルセーは卒業して、
市内に無数にあるプチ・ミュゼを
周ったりしています。
(しかし、残念なことに
もう2年もパリを訪れておりません・・・)

 

大学でフランス語を学んだことで、
これほどまで人生が充実するとは
考えていませんでした。

2006年に
日本ソムリエ協会の主催する
ソムリエ試験に合格し、
ソムリエ認定を得たことで、
さらに私のフランス愛は
増していきました。

さて、先週43歳になり、
E講師ほどシニアライフを
意識はしておりませんが、
近い将来、私も「第2の人生」を
考える時がくるのでしょう。

 

そのとき、私は
日本人らしくなく、フランス人のように
自由に人生を楽しむことができる年代

を生きてみたいと考えています。

 

2016.11.27

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA