CAの仕事はエキサイティング!

2016.11.24

こんにちは、
おもてなし人材プロデューサーの
近藤みなこです。

私の育った町 北九州市戸畑区
私の育った町 北九州市戸畑区

 

今度、中学生向けの
「客室乗務員体験講座」を
担当させていただくことになりました。

ひとりでも多くの若い方々に
「客室乗務員になりたい!」と
感じていただけるような講座に
したいです。

 

私は、約17年この職業を務めましたが、
今振り返っても
「とってもいい仕事だったな〜」
と思うのです。

なにがやりがいだったのか、
分析してみます。

CAの仕事は、
単に「飛行機に乗って
お茶や食事を提供する係」では
ありません。
(もちろん、これも大切な業務です。)

「機内の保安状況を確認する係」であり、

 
「緊急事態に陥った時にお客様を
安全な状態に導く係」であり、

 
「急に具合の悪くなったお客様への
手当てをする係」

 
「火災が発生した際、鎮火する係」

 

・・・その他、フライト中発生する
様々な事象に対応する、あるいは
予見して対処する係です。

1日でも、「昨日の続き」はありません。
常に昨日とは異なった状況で働きます。

1便ずつ新しいお客様をお迎えしますが、
お客様どころか、
一緒にフライトする自分以外のCAさんは、
初対面のことがほとんど、なのです。

 

毎日が、緊張の連続で、
毎日が、成長の瞬間だったように思います。

あんなにエキサイティングな職場は
そうそうないでしょう。

人は、緊張感の中でのみ、
成長することできるのかな、と
思うことがあります。

私が長期間CAを続けた理由は、
成長し続けたい、という欲求が
強かったから、かもしれません。

 

体験講座では、若い方々に
「緊張感の中に
自分を追い込んでみよう!」と
提案してみようと思っております。

町のシンボル 若戸大橋
町のシンボル 若戸大橋

 

2016.11.24

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA