博多と福岡。

2016.11.6

こんにちは、
おもてなし人材プロデューサーの
近藤みなこです。

 

今日テーマにしたいことは、

「博多」と「福岡」の違いについて、
です。
実際、博多や福岡の方以外の方で
どれほどの方が、
「博多」と「福岡」の
違いを認識していらっしゃるでしょうか?

今、福博の街では落語祭りが
行われており、落語ブームなのです。

福博、と一言で言いますが、
実は「福岡」と「博多」は
ライバル関係にあるそう。

私は、いわゆる「博多っ子」ではありません。
「福岡んひと」です。

博多区以外の人のことは
「ふくおかんひと」と称されるらしいです。
あなたは落語の寄席に
行ったことがありますか?

私、この度初めて落語会に行きました!
博多天神落語祭り

私が伺ったのは、こちらの寄席。
14971648_1658248077800541_70804364_o


笑って笑って、涙が出ました。

すごいですね、落語って。

笑いが起こるのは当然でしょうが、
なんで、涙がでるんでしょう。

私の周囲にいらした方々からも
鼻をすする音が聴こえてきます。
やはり、話し手さんの「上手」が
関係しているのでしょう。

 

江戸時代、江戸や大阪に
生きた人の息遣いや苦悩や
子供をおもう気持ちや
別れた女房を思う気持ちが

そのステージで再現され、
私の頭の中でその状況が再現
される・・・という、

これが、落語なのでしょう。

 

私が、博多天神落語祭りで
落語を聴くのは2回目ですが、
博多天神落語祭りそのものは、
今回が10回目、とのこと。

博多んひとでも、ふくおかんひとでも
落語は面白いけん、
来年もまた応援せな、いかん。

2016.11.6

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA