NGフレーズ② 「さすがですね」

2016.10.23

こんにちは、
おもてなし人材プロデューサーの
近藤みなこです。

もう10月下旬ですね。
私事ですが、
今年は私にとって、
人生で最も高速で過ぎていく
そんな一年です。

1週間が経つのが
とても早いのですが、
1週間前のことを思い出すと
「めちゃくちゃ過去のこと」
になっているのです。

毎日が充実している証拠ですね。
有難いことです。

ライオンズクラブ卓話講師を務めました。
ライオンズクラブ卓話講師を務めました。

さて、ビジネスシーンでの言葉使い
NGフレーズを考える、2回目です。

「さすがですね!」
というフレーズがあります。

あなたはどんなシチュエーションで
使いますか?

私は、かつての職場では、
素直に尊敬の念を表現する際、
男女、年齢、役職を問わず
使っていました。

「さすがですね」
と言われたときの、
相手の心情まで
察することができていませんでした。

最近、「さすがですね」と
言われることがあります。

すると、「ん?」
といった気分になるのです。
目上の方から言われるときは、
まったく「ん?」とは思いません。

しかし、若い方から
「みなこさん、さすがですね」
と言われると、

「ん?」

と感じるのです。

私が若い頃に違和感なく
「さすがですね」と言っていたのと
まったく同じように、
若い方は「さすがですね」と
おっしゃっているのです。

こういう言い回しは、
年齢を重ねないと
違和感に気づくことができない、
のかもしれません。

「さすがですね」を
目上の人に使うことは
避けましょう。
その理由は、
ご自身が年齢を重ねたときに
はっきり理解できます。

 

年齢を重ねてきた者が
お伝えすることです。
ここは素直に「さすがですね」を
控えてみませんか?

 

「さすがですね」の代わりに
使える表現は、

「勉強になります」。

 

どうでしょう?
勉強になりましたか?

2016.10.23

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA