名刺交換をスキルアップその②「名刺交換これはNG」

2016.6.18

こんにちは、
おもてなし人材プロデューサーの
近藤みなこです。
13493419_1602249343400415_1328505819_o

最高の第一印象を与えるために、
完璧な名刺交換術を身につけましょう。

これからお伝えすることは、
知識としてインプットするだけではなく、

実際に練習してみてください。

とにかく練習ありきです。

 

今回は、
名刺交換でやってはいけないこと
を集めてみました。

1)名刺交換は、
座ったままで実施してよい。・・・✖

  必ず立ち上がって実施しましょう。
  お御足のご不自由な方への対応は
  臨機応変に実施してください。
  

  相手が立ち上がらなくでも、
  自分は必ず立つようにしましょう。

 

2)名刺交換は、
テーブル越しに実施してよい。・・・✖

必ず、相手側に移動して交換しましょう。
  スペースの問題で、
  テーブル越しにしか交換できない
  場合には
  「無作法ですが、こちらから失礼します」
  のひとことを添えましょう。

 

3)訪問者の名刺交換は、
上座から実施してよい。・・・✖

  訪問者は、下座から実施しましょう。
  上座のソファに通されている際には、
  名刺交換を申し出てから
  下座に移動します。
   ※下座とは、その部屋の出入り口に
    近い位置を言います。

 

4)名刺交換の際は、
なるべく相手の顔を見ない。・・・✖

  いえいえなるべく、相手の顔から
  目線を外さないですむように、
  工夫しましょう。

  例えば、
  名刺入れに自分の名刺がどの向きに
  入っているかを把握しておくこと。 
  このひと工夫で、
  自分の名刺入れに視線をやらなくても、
  名刺を取り出すことができます。
  洗練された所作にするためには、
  練習が必要です。

 

5)名刺交換の際、
その場で相手の情報を
名刺に書き込んでよい。・・・✖

お分かりのとおり、その場で
  名刺に書き込む行為は控えましょう。
  ただし、オフィスに帰ったあと、
  相手の情報を名刺に書き込むのは
OKです。

 

6)いただいた名刺は、
不要になったら処分してよい。・・・✖

  名刺には個人情報が記載されています。
  個人情報を自分の判断で処分することは
  控えましょう。
  社内規定に則って管理・破棄します。
  破棄する場合には、
  シュレッダー処理が必要になります。

 

2016.6.18

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA