1日500人へのおもてなし

2016.6.9

こんにちは、
おもてなし人材プロデューサーの
近藤みなこです。

1年前、福岡の地元経済雑誌に
取り上げていただいたことがあります。

unnamed

その時、記者さんが記事を書いて
くださったのですが、

私のタイトルを
「1日500人へのおもてなし」と
付けてくださいました。

そこで昨日、
「私は客室乗務員として、
1日に何人のお客様と
接していたのだろう?」

というクエスチョンを
数値化してみました。

飛行機には、
大型機では400〜500席、
小さな飛行機でも120席くらいの
座席数があります。

私は120席程度の小型機に長く
フライトしていました。

国内線では、1日に3〜4便は
フライトしますので、
(昔は6便飛ぶこともありました!)
仮に全部のフライトが満席だったと
仮定してみると

「1日500人へのおもてなし」は
ウソではない、ということです。

私は17年弱フライトしていましたので、
1ヶ月に20日フライトした、と仮定して、

計算してみると・・・

500人×4便×20日×12ヶ月×17年

さて、1日に
何人のお客様に接してきたのでしょう

 

福岡市の人口より多い数です。

・・・ということに、昨日気づきました。

おそらく、
客室乗務員以外でこのように大勢の

お客様と接する職業は多くないでしょう。

今も現役で活躍中の
客室乗務員のみなさん、

みなさんは他にない、
貴重な体験をなさって

いますよ。

どうぞ頑張ってください!
心からエールをおくります。

2016.6.9

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA