桃田選手とアルカイック・スマイル

2016.4.15

こんにちは、おもてなし人材プロデューサーの近藤みなこです。

 

バドミントンの桃田賢斗選手の記者会見をご覧になりましたか?

 「なんでへらへら笑ってるの」
「表情がおかしい。笑う場面じゃないよね」
「“あ〜、かったるい。早く終わらないかな” と思ってそう」
「反省の気持ちが全く伝わってこない」

ネット上の反応に激しく同意。

 私は、アルカイック・スマイルを
日常の基本の表情に設定することを推奨していますが、

今回の桃田選手の表情を見ると、

うーん・・・、アルカイック・スマイルが仇になる場面があるとは・・・。

          ★ 

アルカイック・スマイルを説明します。
口角が生まれつき上がったお顔立ちの方のことを指します。

例えばこの方。浅田真央ちゃん。


 

 

 

 

そしてこの方々も。

ご本人は笑っていなくても、
周囲から見ると微笑みをたたえているように見えます。
このお顔立ちの方がアルカイック・スマイルの人です。

日本人の8割は口角が下がっていると言われます。
生まれつき口角の上がっている
アルカイック・スマイルを
生まれ持った方はたった2割。

桃田選手もそのお一人。


恵まれたお顔立ちなのです・・・通常は。

 アルカイック・スマイルを持つ方々は
日常生活で得することが多いのです。

例えば、

「いつも穏やかでいいですね。と言われます。
いえいえ今もイラついているんですけど。」
→イライラしていることを感じさせない。

 

「知らない人によく道を尋ねられます」
→道を尋ねるとき、無意識に、
優しそうな人、余裕のありそうな人を選びますよね?

アルカイック・スマイルのお顔立ちの人は、
話しかけられやすい雰囲気をまとっているのです。
ですから私は、
意識して口角を上げるようにトレーニングしています。

 

 しかし、今回の桃田選手の表情を見て思ったこと。

アルカイック・スマイルが仇になる場面があるとは。
勉強になりました。

2016.4.15

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA