顔と名前を覚えるコツ

2016.2.12

こんにちは、おもてなし人材プロデューサーの近藤みなこです。

先日、ショックだったことがあります。
先日、名刺を頂戴して、お話して、帰宅して名刺を見返した後、
「あれ?どんな方だったっけ」
ほんの2,3時間前にお目にかかった方のお顔を思い出すことができないことがあったんです。

みなさんは人の名前を覚えるのが得意ですか?

私は、CA時代は得意でした。
「あ、あのお客様、前にお乗りいただいた方だ」と敏感に察知していましたし、同乗クルー(CAは面識のない者同士でチームを組むのです)のお名前と入社年(私より先輩か後輩かを把握するため笑)は確実にインプットしていました。

相手に関心を持って接していたから、顔と名前を確実に覚えていたのでしょう。
ところが、先日の私は、

相手に関心を持って対応していなかった・・・。

おもてなしうんぬんを自称する者失格ですね。以来、私は以下のことを徹底しています。
顔と名前を覚えるコツです。

・相手への関心を持って名刺交換をすること。

・名刺を見て、飛び込んできた情報について尋ねてみる。
「オフィスは博多区なんですね」 「似顔絵、似てますね〜」
「お仕事の内容を教えてください」 「名刺のデザインが素敵ですね、ご自身でデザインされたんですか?」
情報が多ければ多いほど、脳にインプットされやすくなります。

名刺交換は第一印象を決定づける大切な時間ですから、相手へ関心を持って接する様子は好意的な印象を与えることができ、一石二鳥だと思います。

 

 

2016.2.12

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA