伝説のボスザル ベンツ に学ぶ

 

2016.2.24

こんにちは、おもてなし人材プロデューサーの近藤みなこです。

 今年は申年ですが、お猿さんのリーダーシップにまつわる興味深いお話を伺いました。

 伝説のボスザル、ベンツ。

 ベンツの生涯を追いながら、リーダー像について考えてみます。

                ★

大分県の高崎山自然動物園。

1987年に歴代最年少の9歳でB群のボスとなったベンツ。
しかし、1990年2月、C群の雌ザル「リザ」に一目惚れして、B郡のオスの座を追われます。

リザを追いかけてC群に移ったベンツは、最下位から徐々に地位を向上し、ナンバー2を10年努め、ついに2011年2月、C群の第9代ボスザルに就任しました。
高崎山自然動物園で異なる2つの群でボスザルになったのは、ベンツだけだそう。
人間年齢で100歳まで生きたそうです。

 

ベンツのような生涯に憧れる、とおっしゃっている方がいました。

 ベンツは2度にわたり、異なる群れのボスになっています。
ボスに選ばれるには、群れのサルたちからの信頼が必要です。

 

ボスは、数百頭の群れを束ね、秩序を作り、時には、群れを外敵から守るために戦います。
周りから尊敬を集めなければ、群れのトップになることはできないそう。

 

私が興味を持ったのは、彼がC群に移ってから。

ベンツが、ナンバー2として10年もボスを支え続けたことです。

 ベンツは、群れを愛していたのでしょう。
ナンバー2時代のエピソードでは、群れを守るために、他の群れとの争いごとには率先して身を投じたそうです。また、メスザルが餌場で食事をする間、離れたところに佇んで見張りをしていたそうです。

群れを愛する姿が、お世話をしていた動物園の係員の方にも伝わってきたそうです。
(詳細は『ベンツ 消えた伝説のサル』緑慎也/ポプラ社 参照)

 

ベンツは、律儀で頑固な昔気質の親方のようなサルだったようです。
リーダーに必要な要素を持ったボスザルであったのでしょう。

 

2016.2.24

 

礼に始まり礼に終わる 「お辞儀の大切さ」

2016.2.15

 

こんにちは、おもてなし人材プロデューサーの近藤みなこです。

 今日考えるのは「お辞儀」について。
日本文化の代表的所作のひとつ 「お辞儀」。

 

昨年、カンボジアとベトナムへ行き日本語を学ぶ青年たちを取材しました。
一所懸命、日本語や日本の習慣を学習しようとする若者たち。
しかし、彼らは日本人ではないので、お辞儀の仕方がぎこちないのです。

 日本人として、美しいお辞儀をしたい!と思った瞬間でした。
お辞儀は、世界に出ていったとき、身を助けてくれるアイテムである、と思ったわけです。

 英語ができなくても、現地のことばしゃべれなくても、美しい会釈ひとつで、相手への敬意や親しみを表現できるツール。それが「お辞儀」なんだなあ、と感じます。

                          ★

私がCAになったばかりの頃、ある先輩がおっしゃった言葉があります。

「お辞儀1000回」

お辞儀は1000回くらいたくさん実施しないと自分の形にならない、というようなニュアンスだと思いますが、お辞儀の難しさ、奥深さを表現していますね。(ちなみにこの先輩は後年、「私そんなこと言ったかしら」とおっしゃっていました笑)

 

お辞儀は美しい形で実践できるのはもちろんのこと、そこに相手への敬意や親しみなどの心が込められていなければ意味がありません。

心+形 これができてこそ、真のお辞儀ですね。

                          ★

美しいお辞儀の仕方は4秒ルールで。

・1秒で体を30°倒す。
1秒間姿勢を止める。
2秒かけて体を起こす。
もちろん、お辞儀の前後にアイコンタクトと笑顔を忘れずに。

 

2016.2.15

顔と名前を覚えるコツ

2016.2.12

こんにちは、おもてなし人材プロデューサーの近藤みなこです。

先日、ショックだったことがあります。
先日、名刺を頂戴して、お話して、帰宅して名刺を見返した後、
「あれ?どんな方だったっけ」
ほんの2,3時間前にお目にかかった方のお顔を思い出すことができないことがあったんです。

みなさんは人の名前を覚えるのが得意ですか?

私は、CA時代は得意でした。
「あ、あのお客様、前にお乗りいただいた方だ」と敏感に察知していましたし、同乗クルー(CAは面識のない者同士でチームを組むのです)のお名前と入社年(私より先輩か後輩かを把握するため笑)は確実にインプットしていました。

相手に関心を持って接していたから、顔と名前を確実に覚えていたのでしょう。
ところが、先日の私は、

相手に関心を持って対応していなかった・・・。

おもてなしうんぬんを自称する者失格ですね。以来、私は以下のことを徹底しています。
顔と名前を覚えるコツです。

・相手への関心を持って名刺交換をすること。

・名刺を見て、飛び込んできた情報について尋ねてみる。
「オフィスは博多区なんですね」 「似顔絵、似てますね〜」
「お仕事の内容を教えてください」 「名刺のデザインが素敵ですね、ご自身でデザインされたんですか?」
情報が多ければ多いほど、脳にインプットされやすくなります。

名刺交換は第一印象を決定づける大切な時間ですから、相手へ関心を持って接する様子は好意的な印象を与えることができ、一石二鳥だと思います。

 

 

2016.2.12

岩井志麻子さんのコメントから学ぶ

2016.2.9

こんにちは、おもてなし人材プロデューサーの近藤みなこです。

「5時に夢中」で、作家の岩井志麻子さんがおっしゃっていたことをご紹介します。

 

「若い頃は、正義の反対語は反正義だと思っていたが、今は正義の反対語は違う正義だ、と考えるようになった」

 

岩井志麻子さん、ご存じですか?私はご本を拝読したことはないのですが(ホラーは苦手なもので)、普段はご自分のことを「エロおばさん」なんておっしゃっていらっしゃいますが、時々含蓄あるお話をしてくださるので大好きです。

 12669990_1555513308074019_1785439770_o

冒頭のコメントに続けて「人にはいろんな立場がありいろんな考え方があるということが理解できる年齢になった、歳は取ってみるもんだの〜」とおっしゃっていましたが、私はこんなふうに感じました。

 

自分が正しいと思っていることは、別の人から見たら間違っていることなんだ、と。

 

そう考えながら生きていくと、腹が立つ出来事が減るでしょうね。

どうして思い通りにならないのか、と嘆くより、
「私とは考え方が違うんだ」と認めてしまえば、ラクですね。

 

志麻子さんのお話から大きな気づきを得ました!志麻子さん、ありがとうございます。

 

2016.2.9

「変える」と「変わる」

2016.2.6

おもてなし人材プロデューサーの近藤みなこです。

複数の企業の経営層の方がこんな話をされているのを耳にしました。

「最近、女子社員の身だしなみが気になる。でも注意できない」と。

どういうことなんでしょうか?

「注意すると○○ハラスメント、と捉えられてしまうのが怖い」…と。

上司が部下の身だしなみを指摘するのは業務上必要なことであると思いますが、
最近は相手の捉え方によってハラスメントになっちゃうんですね。

ということで、おもてなし人材プロデューサーの私が、
あなたに代わって部下の身だしなみを改善します!

私のやり方は、「注意はしない」「強制的に変えようとしない」方法。

 

どういうことかと言うと、

「これじゃダメなんだ」と部下自身に気づきを与える。

すると、部下自らが「変わる」

「変える」と「変わる」は大違いですよね。

本人が変わりたくなるような気づきを与えるのが私のやり方です。

 

そうするためには、2つのことを実施しなければなりません。
ひとつは、
CSマナーの5原則を常に完璧にすること。
説得力がなければ、伝わらないからです。

もうひとつは、
部下の「変わる前」と「変わった後」を確認して、
「こんなに変わったね(良くなったね)」と認めてあげること。 ← これ大事です。

私もCA時代に、先輩から「こんなに成長したんだ!」と褒めてもらえたことがうれしくて、
もっともっと頑張ろうと思ったことを思い出します。

あなたの職場でも取り入れてみてくださいね。

2016.2.6

私が考える魅力的な人、のこと。

2016.2.3

おもてなし人材プロデューサーの近藤みなこです。

今日は節分ですね。旧暦では、今日が元日。
ブログを立ち上げたものの、なかなか記事が増えませんが、
今日を境に気持ちをゼロに戻します!

「マインド☆リセーット〜〜ッ!」 ← gacktさんから学びました。

私がCAをリタイアしてから、もうすぐ2年になります。
CAにしては珍しく、私は転勤を何度か経験しています。
福岡3年 → 関西空港4年 → 福岡8年(途中、新規航空会社の立ち上げに立会いました) → 東京2年

関西空港所属だったとき、同じ寮に住んでいた先輩でそれはそれはステキなCAさんと仲良しになりました。ここではXさん、とお呼びします。
私はXさんの悪口を一回も聞いたことがありません、というか、悪口を言う人を知りません。


Xさんは姿かたちはダントツ美しく、ご自身はその美しさに気付いているのかいないのか、
AB型らしく個性的なライフスタイルをお持ち。
お召し物のセンスがよくて、女優さんみたい。
美しい字を書き、時々頂戴したメッセージカードは、今も私の宝物のひとつです。


兄弟想いのお姉さんで、
私の知らないところでコツコツと英語を勉強して、ペラ的会話力を持つ。
もちろん会社からの評価は最高。
悪天候でみんなが右往左往しているときには冷静さをキープするクールな女性。
はっきり言ってCAでは惜しいくらいの人物です。

カンペキな女性、に近いかもしれません。
そんなXさんを思い出すとき、私は必ず2つの映像を思い浮かべるのです・・・・

制服を誰よりも美しく着こなしてにっこりと微笑む横顔=女優風Xさん。
化粧っ気なくフリースを着てまったりしている横顔=私に合わせてくれてるXさん。


今でも私の脳は、「どちらが本当のXさんなの?」と混乱しているようです。


なんと魅力的なのでしょう。
だって、脳が混乱するくらいいろいろな印象を与える人ですよ?


複数の印象を与える人は、興味を持ってもらえる人です。
「あの人って、○○だよね?」という定義が当てはまらないから、脳を混乱させるのです。


私には、そんなたくさんの引き出しはありません。
相手の脳を混乱させるくらいの魅力を持つ人間になりたいものですね。
Xさんのような能力を身につけるには、Xさんの真似をするのが最短・最高の学習方法ですが、
分かっていても「私なんか・・・」と思ってしまうもの。

またまたgacktさんのチカラが必要でしょうか・・・ マインド☆リセーット!

2016.2.3